ファッション

「メゾン マルジェラ」2017年春夏パリ・メンズ・コレクション

REPORT

過去のアーカイブを振り返り、脱構築と再構築を繰り返しながら進む

「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」のファーストルックは、白いしつけ糸がそのままのセットアップ。ブーツはかかと部分が取り払われサンダルのよう。後に続く牧歌的なフラール・プリントのシャツの裾は、半分が縫い付けられておらず、だらりと垂れ下がった状態だ。その後も未完成なアイテムを組み合わせたルックが続く。

前たてや襟が身頃から離れたギンガムチェックのシャツと同柄の生地が付いた脱構築的なジャケットに、未縫製で折りたたんだだけのパンツの裾。サイドには、まだしつけ糸が残されていた。

終盤に登場した、チュールの上に着た半身のジャケットは、ファーストルックよりもしつけ糸がほつれ、シューレースのような紐で結び付けられているだけの脱構築的なルックで、脱構築は首尾一貫のコンセプト。一方で白シャツの身頃と異なるシャンブレー素材を使用した袖はスナップボタンで留めるなど、完成間際のアイテムを解体し再構築するウエアが数多い。

未完成と完成。完成してからの解体と再構築を繰り返す。「マルジェラ」らしいスタイルは、過去を振り返り、解体し、再構築しながら前に進んでいく。

REPORT

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら