ファッション

「ブルガリ」の新作ハイジュエリー“メディテラニア” 万華鏡のような色彩で地中海を表現

ブルガリ(BVLGARI)」から新作ハイジュエリー“メディテラニア”が登場した。テーマとなった地中海は、様々な芸術や文化が融合した場所。ギリシャ神話に登場するアイエイナスのように故郷ギリシャを離れ、地中海諸国を巡りローマに根を下ろした創業者のソティリオ・ブルガリ(Sotirios Voulgaris)のビジョンにインスパイアされて万華鏡のようなクリエイションに命を吹き込んできた。

新作“メディテラニア”コレクションでは、ブランドの本拠地であるローマからビザンチン帝国と西ローマ帝国が融合した建築と芸術を生み出したベネチアまで旅したような色彩豊かな作品がそろう。

色とりどりの宝石を散りばめた作品

“メディテラニアン ミューズ”ネックレスは、中央の約15カラットのクッションカットのサファイアを主役に、アクアマリンとダイヤモンドのしずくが海の波を彷彿とさせる動きをプラスしている。涼やかな色合いで地中海の海のさざ波を表現したような作品だ。

ローマの建築を彷彿とさせる“ローマン エセドラ”のソートワール(ロングネックレス)は、六角形の中心に約89カラットのエメラルドをセッティングしている。1970年代の「ブルガリ」にオマージュを寄せたこの作品には、エメラルドからアメシスト、ターコイズなどさまざまな宝石を組み合わせた。

今回のコレクションの一番の見どころは、“ミューズ オブ ローマ”ネックレスだ。約218カラットものシュガーローフカットのエメラルドをセンターピースに、それとは対照的に軽さを感じさせるデザインで仕上げている。

“セルペンティ”は「ブルガリ」のアイコン。ハイジュエリーでも毎回登場するモチーフだ。“メディテラニアン サファイア セルペンティ”ネックレスは、9個のスリランカ産サファイア計約40カラットをチョーカー部分にあしらい、その先に計116カラットものオーバルカットのサファイアビーズでタッセルを描いている。

“バロック セルペンティ”ネックレスは、7個のしずく型のエメラルドと“セルペンティ”のモチーフが融合した作品。イマジネーションとクラフツマンシップ、伝統と革新、多彩な宝石とそれを生かすデザインで仕上げられたコレクションが“メディテラニア”だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。