ファッション

ネクタイがウィメンズのキーアイテムに タイドアップの着こなしに熱視線【2022-23年秋冬トレンド】

 ネクタイがウィメンズのトレンドに浮上してきました。ジェンダーレスやトラッドの流れもあり、有力ブランドが相次いで“ネクタイレディー”を提案。遊び心を感じる新アレンジの着こなしが登場しています。今回は、勢いづくネクタイコーデを盛り込んだスタイルを、2022-23年秋冬コレクションのランウエイルックからピックアップしました。

 「グッチ(GUCCI)」は、ボクシーなジャケットに極細のネクタイでスタイリング。さらに極太ベルトで、“太細バランス”のずれ感も際立たせました。パテントレザーのスカートと網タイツでセンシュアルなムードもプラス。正統派のイメージが強いネクタイを、アクセサリー感覚でプレイフルに使った、最旬のタイドアップ・スタイリングです。

スカーフ風ネクタイでジェンダーフリュイドに

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、ロマンチックなスカーフ風の柄のネクタイでタイドアップし、オーバーサイズのレザーアウターに華やぎを添えました。ボトムスは、ストライプ柄のワイドパンツで、ボーイズライクな雰囲気に。ヴィンテージテイストを帯びたネクタイが生きて、どこかノスタルジックなムードが漂っています。性別を問わないジェンダーフリュイドな着こなしの一例です。

プレッピースタイルはネクタイで程よく“脱線”

 勢いが戻ってきたプレッピーテイストには、シャツ&ネクタイがぴったり。「ケンゾー(KENZO)」は、スクールガールを思わせるストライプ柄のジャンパースカートと、タイドアップを組み合わせました。ネクタイがキリリと節度を加え、全体のバランスを整える役割を果たしています。キャスケットを添えて、プレッピーから程よく脱線させました。

柄ネクタイは、“柄ミックス”でさらに強調

 “ネクタイ=紳士服”のイメージは、もう過去の話。「アナ スイ(ANNA SUI)」の花柄ネクタイは、まるでスカーフのよう。ブラウスと同じムードでそろえることで、あでやかさがアップ。幾何学的模様のニットベストの上からネクタイを垂らして、“柄on柄”を強調しました。トレンドの大襟ブラウスも相まり、チャーミングなムードが深まっています。このようなリボンやスカーフ風のタイドアップは、ネクタイ初心者にも取り入れやすいスタイリングです。

シャツと同じ色で統一したスタイルも登場

 シャツと同系色のネクタイを締めるコーディネートも登場しています。「ロク(ROKH)」は、ブルーのシャツに同色のネクタイをオン。ベアトップのドレスはなまめかしく見えがちですが、タイドアップのおかげで色気を抑えたミックステイストに仕上がりました。“官能的×紳士的”のクロスオーバーにスニーカーを添えて、さらにもうひとひねり効かせた着こなしに仕上がっています。

フェミニン×トラッドは胸元に差し色を投入

 たおやかな装いにタイドアップを取り入れると、意外なケミストリーを発揮します。「スポーツマックス(SPORTMAX)」は、ウエストシェイプされたジャケットが目を引くスカートスーツに、真っ赤なネクタイを差し込みました。最新トレンドのウエストシェイプがフェミニンなシルエットを描き出し、レッドタイと響き合っています。レオパード柄のブーツでフェティッシュなムードを高めました。

正統派フォーマルはあえて崩してこなれ感を演出

 ネクタイが本領を発揮するジャケット主体の装いは、少し崩したスタイリングでこなれ感を出すのが選択肢の一つ。「アンダーカバー(UNDERCOVER)」は、フォーマルルックに、静かなロックテイストを宿らせました。イエロー系のネクタイが型にはまらない雰囲気を漂わせ、正統派に見せつつも入り組んだレイヤードであちこちから崩しを仕掛けています。ピースマークの襟バッジもさりげなく反骨マインドをささやいています。

 ビジネスパーソンやスクールガールの装いではおなじみのタイドアップですが、モード界では常識の枠から一歩踏み込んだアレンジが相次いで提案されています。これまでとはあえてムードをずらして、癖の強いスタイリングに仕上げるのが新たな魅力を引き出すコツです。フェミニンなスタイルに別の表情を添えるのにも重宝します。ジェンダーレスな装いやカジュアルアップの着こなしに役立つ使い道の多いコーディネート技なので、ぜひ試してみてください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。