ファッション
連載 週間ランキング

1位は、篠原ともえが新制服をデザイン | 週間アクセスランキング TOP10(9月29日〜10月5日)

【週間アクセスランキング 】最新の注目トピック TOP10(9月29日〜10月5日)

「WWDJAPAN」 ウイークリートップ10

 1週間でアクセス数の多かった「WWDJAPAN」の記事をランキング形式で毎週金曜日にお届け。
今回は、9月29日(木)〜10月5日(水)に配信した記事のトップ10を紹介します。


- 1位 -
篠原ともえがタカラスタンダードの新制服をデザイン 800人が着用

09月30日公開 / 文・福永千裕

篠原ともえは、住宅設備機器メーカーのタカラスタンダードの創業110周年を記念し、ショールームアドバイザーの新制服をデザインした。10月1日から全国約170カ所で働くショールームのアドバイザー約800人が着用する。

> 記事の続きはこちら

- 2位 -
ニトリが米国撤退、似鳥会長と幹部が語る「その理由」

ニトリホールディングスは、米国事業から撤退する。「現在の経済下での収益性改善が難しく、今後有望な市場と捉える東アジア・東南アジア地域への資金・人材の再配置のため、米国事業の撤退を決定した」と白井俊之・社長兼COOは語った。ニトリの海外事業は2007年に台湾に海外1号店を出店。14年の中国大陸進出の前年の13年に「アキホーム(Aki-Home)」のブランド名で米国に初出店を果たした。

> 記事の続きはこちら

- 3位 -
英「ホワイトハウスコックス」が事業廃止 147年の歴史に幕

10月01日公開 / 文・三澤 和也

英国のレザーグッズブランド「ホワイトハウスコックス(WHITEHOUSE COX)」が事業を廃止する。10月1日、日本総代理店を務めるグリフィンインターナショナル(東京、デビッド・モラル[David Molal]社長)が発表した。

> 記事の続きはこちら

- 4位 -
「ポール・スミス」の“スタンスミス”が1946足限定で発売 「アディダス」とマンUとのトリプルコラボ

09月30日公開 / 文・竹内 菜奈

ポール・スミス(PAUL SMITH)」は、英サッカーチームのマンチェスター・ユナイテッドと「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」とコラボレーションしたスニーカー“スミス + スミス(Smith + Smith)”を10月1日に発売する。価格は2万8600円(税込)で、「ポール・スミス」の公式オンラインストアと銀座店、丸の内店、大阪店で取り扱う。

> 記事の続きはこちら

- 5位 -
小田急百貨店、本館55年の歴史に幕 別れを惜しむ人が殺到

10月02日公開 / 文・林 芳樹

小田急百貨店は2日、新宿店の本館の営業を終了した。新宿駅西口で55年間親しまれた本館との別れを惜しむ人が大勢駆けつけた。本館は閉まるが、売り場は隣の別館「新宿西口ハルク(以下、ハルク)」に移転し、4日から営業再開する。婦人服や紳士服がなくなるため、売り場面積は8割減の6000平方メートルに縮む。

> 記事の続きはこちら

- 6位 -
「ドクターマーチン」がパンクバンド、ザ・クラッシュとコラボ 英国製ブーツも発売

10月03日公開 / 文・三澤 和也

ドクターマーチン(DR.MARTENS)」は10月6日、英国のパンクバンド、ザ・クラッシュ(THE CLASH)とコラボしたブーツを発売する。

> 記事の続きはこちら

- 7位 -
ベッカム親子がパリコレ中に見せた「ディオール」によるそれぞれのワントーンコーデ

10月04日公開 / 文・三澤 和也

デビッド・ベッカム(David Beckham)とロメオ・ベッカム(Romeo Beckham)親子が、ファッション・ウイーク開催中のパリでパパラッチされた。

> 記事の続きはこちら

- 8位 -
【2022年クリスマスコフレ】フレグランスからリップまで 「ディオール」人気アイテムがセットになって登場

10月04日公開 / 文・WWD STAFF

ディオール(DIOR)」は10月5日、2022年のクリスマスコフレ“ディオール モンテーニュ コフレ〈ホリデー2022〉”(税込1万2430円)を、公式オンラインブティックで限定発売した。ブランドを代表するフレグランス、スキンケア、メイクアップ4製品のミニチュアサイズがセットになっている。ラインアップはピオニーと優美なローズノートが人気の“ミス ディオール ブルーミング ブーケ”と、ブランドを代表するフレグランス“ジャドール オードゥ パルファン”の5mlサイズ、プレ美容液の“プレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム”10mlサイズのほか、1.5gのミニチュアサイズになった“ルージュ ディオール 999V ベルベット”の4アイテム。

> 記事の続きはこちら

- 9位 -
「無印良品」500円以下の日用品の新業態 長期的に2000店舗めざす

09月30日公開 / 文・林 芳樹

「無印良品」を運営する良品計画は30日、500円以下の日用品に特化した新業態「無印良品500(ごひゃく)」の1号店を東京・三鷹に開いた。洗剤類、キッチン用品、洗面用品、スキンケア用品、シャンプーやコンディショナー、下着、靴下、文房具、レトルト食品、菓子などをそろえる。小型業態「ムジコム(MUJI com)」の業態転換を含めて、23年2月末までに30店舗を出店し、その後は年20店舗のペースで都心部への出店を重ねる。「『無印良品』によるコンビニに近い業態として、(反響次第で長期的には)いずれ2000店舗の規模に持っていきたい」(永原拓生・執行役員営業本部長)と高い成長性を見込む。

> 記事の続きはこちら

- 10位 -
化粧ポーチを持たないZ世代「究極のモバイルコスメ」とは?

女性誌やウェブの美容特集で「ポーチの中身を見せてください」は、人気企画の1つだ。美容識者や一般の方が愛用する化粧ポーチを広げ、持ち歩くコスメを全て拝見する企画である。ひと昔前に「囲み目メイク」が流行した時代は、重ねづけ用としてマスカラを複数本、ビューラー、アイライン、パレットアイシャドウなど、目元アイテムをぎっしり詰め込んだポーチはなかなかに見応えがあった。

> 記事の続きはこちら
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。