ファッション

「アディダス」がテベ・マググとコラボ 南アフリカの伝統をスポーツウエアに

 「アディダス」は15日、南アフリカを拠点とするデザイナー、テベ・マググ(Thebe Magugu)とコラボレーションしたカプセルコレクションを発売する。サイズは4XLまで展開し、ジェンダーニュートラルなものや、ヒジャブが付属する露出を控えたスイムウエアなど、あらゆる人の着用を想定したアイテムをそろえる。製品には、ハイテクな機能性素材とともにリサイクル素材も使用している。

 自身の名を冠したブランドを持つマググは、2019年「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ(LVMH YOUNG FASHION DESIGNER PRIZE)」のグランプリに輝いた実力者。南アフリカ製の素材や現地の生産背景を生かし、アフリカの伝統をモダンに解釈したウエアを得意とするほか、アイテムに生産のストーリーや情報を記載したタグを加えるなど、サステナブルなモノづくりが評価されている。22年4月には、故アルベール・エルバス(Alber Elbaz)氏が立ち上げた「AZファクトリー(AZ FACTORY)」のゲストデザイナーとして同ブランドのコレクションを手掛けた。

 今回のコラボレーションに際してマググは、「人生で出会ってきた女性たちのエネルギーと、私の母国のヘリテージに大きなインスピレーションを得ている。デザインを通して個人的なストーリーをまとめ、『アディダス』のアイコニックなパフォーマンスやライフスタイルウエアと融合させるのはとても楽しい作業だった。このコレクションは、私を取り巻くポジティブなものや、私にとって大切なコミュニティーの感覚を表現している。着用する人も同じような喜びを感じてくれるとうれしい」と語った。

 22年10月には、コラボコレクションの第二弾をするという。今回はランニングや水泳、トレーニング、テニスといったスポーツに加えて、カジュアルなライフスタイルウエアを手掛けたが、第二弾ではヨガウエアにも着手する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら