ファッション

デザイナーが語った「未来」や「希望」とは?コメント一挙大公開【徹底解説・2022年春夏コレクションリポート】

有料会員限定記事

 2022年春夏シーズン、デザイナーは力強く未来や希望を語り、「もうすぐ再開できる」ではなく、「もう新しい時代に向けて歩き始めている」という力強さを発信した。それぞれのデザイナーの言葉を、象徴するキールックと共にお届けする。


「ヴァレンティノ(VALENTINO)」

ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)
 私達は後退するのではなく、前進すべき。過去なくして、明るい未来はない。パンデミックを空虚な1年半と捉えるのではなく意義ある時間にするためには、過去からの学びが必要だ。1年半が大変困難な時間だった分、今季は、日常の復活と再会をみんなで祝いたい。「ヴァレンティノ」を日常という次の次元へと昇華させるためにも、過去に使った会場や歴史的建造物ではなく、日常を感じられる新しい場所でショーを開いた。今季の着想源は、たった一つ。「ヴァレンティノ」の歴史だ。創業者のヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)は60年代に若者との関係を強め、時代の変化をリードした。今、メゾンが目指すべきことだ。5つのアーカイブを忠実に蘇らせ、私自身が80年代に所有していた「ヴァレンティノ」のジーンズも復刻させた。

 “ランデヴー”をテーマに、再会と新たな出会いに期待を込めた。未来へ前進するためメゾンの歴史を辿り、アーカイブを復刻させた。コントラストを利かせたアクリルカラーで日常の復活に祝杯を挙げる。

この続きを読むには…
残り4940⽂字, 画像22枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら