ファッション

故アルベール・エルバスに捧ぐオマージュ 豪華デザイナー陣が手掛ける「AZファクトリー」がパリコレのトリを飾る

 4月に死去したデザイナーのアルベール・エルバス(Alber Elbaz)へのトリビュートとして、デザイナー44人が「AZファクトリー(AZ FACTORY)」のコレクションを手掛ける。

 各デザイナーは、エルバスの功績を着想源としたルックか、アイコニックなシルエットをアレンジしたルックを制作する権限が与えられ、パリ・ファッション・ウイーク最終日となる10月5日、“ラブ・ブリングス・ラブ(Love Brings Love)”と題したショーで披露し、パリコレのトリを飾る。このショーは、公式ウェブサイトやユーチューブ、インスタグラムアカウントを通じて同時配信を予定している。

 注目すべきは参加するデザイナー陣の顔ぶれだ。参加デザイナーの一部を紹介する。

・ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)
・ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)
・川久保玲「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」デザイナー
・ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)
・ドナテラ・ヴェルサーチェ(Donatella Versace)
・マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)「ディオール(DIOR)」アーティスティック・ディレクター
・キム・ジョーンズ(Kim Jones)「フェンディ(FENDI)」ウィメンズ・アーティスティック・ディレクター
・リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)「バーバリー(BURBERRY)」チーフ・クリエイティブ・オフィサー
・ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」ウィメンズ・アーティスティック・ディレクター
・アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)「グッチ」クリエイティブ・ディレクター
・ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)
・ナデージュ・ヴァンヘ・シビュルスキー(Nadege Vanhee-Cybulski)「エルメス(HERMES)」アーティスティック・ディレクター
・サラ・バートン(Sarah Burton)「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」クリエイティブ・ディレクター
・ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)「ヴァレンティノ」クリエイティブディレクター
・ラフ・シモンズ(Raf Simons)
・トム・ブラウン(Thom Browne)
・リック・オウエンス(Rick Owens)
・阿部千登勢「サカイ」デザイナー
・アンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)「サンローラン(SAINT LAURENT)」クリエイティブ・ディレクター
・ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)「ロエベ(LOEWE)」クリエイティブ・ディレクター
・ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)
・ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)
・デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)「バレンシアガ(BALENCIAGA)」アーティスティック・ディレクター
・ダニエル・リー(Daniel Lee)「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」クリエイティブ・ディレクター
・オリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)「バルマン(BALMAIN)」クリエイティブ・ディレクター
・ジャンバティスタ・バリ(Giambattista Valli)
・マシュー・M・ウィリアムズ(Matthew M. Williams)「ジバンシィ(GIVENCHY)」クリエイティブ・ディレクター
・ガブリエラ・ハースト(Gabriela Hearst)「クロエ(CHLOE)」クリエイティブ・ディレクター
・シモーネ・ロシャ(Simone Rocha)
・小泉智貴「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」デザイナー
・ピーター・ミュリエ (Pieter Mulier)「アライア(ALAIA)」クリエイティブ・ディレクター
・テベ・マググ(Thebe Magugu)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら