ファッション

アルベール・エルバスが死去 「ランバン」復活の立役者

 デザイナーのアルベール・エルバス(Alber Elbaz)が24日、パリのアメリカン・ホスピタルで死去した。59歳だった。彼のベンチャー事業、AZファクトリー(AZ FACTORY)のパートナーであるコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)が発表した。同社によると、死因は新型コロナウイルスよるものだという。

 ヨハン・ルパート(Johann Rupert)=リシュモン会長は声明の中で「同僚だけでなく、最愛の友人を失った」と述べ、エルバス氏の突然の死に対する衝撃と悲しみを表した。

 エルバス氏はモロッコ生まれの、イスラエル育ち。1980年代半ばにニューヨークに移住し、ブライダル会社を経て、ジェフリー・ビーン(GEOFFTEY BEENE)社に入社。シニアアシスタントとして7年間勤務した。96年に「ギ ラロッシュ(GUY LAROCHE)」に入り、その才能が注目を集め、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)の後継者として「リヴ・ゴーシュ(RIVE GAUCHE)」を引き継いだ。しかし、3シーズンでグッチ グループ(GUCCI GROUP、現ケリングKERING)の傘下に入ると解雇され、「クリツィア(KRIZIA)」を手掛けた。

 2001年に「ランバン(LANVIN)」のデザイナーに就任。ブランドを蘇らせ、15年までアーティスティック・ディレクターを務めた。その後、19年10月にリシュモンとのジョイントベンチャー設立を発表。今年1月に新ブランド「AZファクトリー」のファーストコレクションを発表したばかりだった。

 葬儀はイスラエルで執り行われ、パリでは献花台を用意する予定だ。なお、メッセージの送付先は下記の通り。

Fondation Cartier
261 boulevard Raspail
75014 Paris, France.
Attention To Alber Elbaz

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら