ファッション

アルベール・エルバスの新ブランドがついに始動 クチュール・コレクション期間中に映像で発表

 アルベール・エルバス(Alber Elbaz)は、コンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)とのジョイントベンチャーによる新ブランド「AZファクトリー(AZ FACTORY)」をローンチする。1月25〜28日にパリで開催される2021年春夏オートクチュール・ファッション・ウイークの公式カレンダーに加わり、1月26日20時からデビューコレクションのプレタポルテを披露する予定だ。エルバスはファッション業界への完全復帰の舞台として、ランウエイではなく映像を選択。「新型コロナウイルスが蔓延する前から、デジタルの世界で発表したかった」とコメントした。映像はこれから制作予定で、詳細については「サプライズ」としている。

 エルバスは15年10月まで、「ランバン(LANVIN)」のアーティスティック・ディレクターを14年間務めた。その後19年10月にリシュモンと合弁会社AZファッション(AZFASHION)を設立して、本格的に活動を再開。パリにあるカルティエ財団の最上階に本社を構え、20年12月にはローラン・マルカイズ(Laurent Malecaze)=ザ ウェブスター前最高経営責任者(CEO)をCEOに迎えた。

 新会社や新ブランドについて多くを語っていないものの、女性のための“ソリューション”ワードローブを提供することを掲げ、20年11月には「AZファクトリー」のビジュアルやアプローチ方法、ターゲットなどを公開。ブランドの公式インスタグラム(@azfactory)も設立し、エルバスの個人アカウント(alberelbaz8)と合わせてオフィスを準備する様子などを投稿している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら