ファッション

「ディオール」が中国ネット界で炎上 「制服に着想した」スカートが中国の伝統衣装に酷似と批判

 「ディオール(DIOR)」が2022年ウィメンズ・フォール・コレクションで披露したミドル丈のスカートが、中国の明時代の伝統的な衣服に似ていると中国のネットユーザーの間で物議を醸している。

 漢服愛好家の間で「ディオール」のスカートが明時代に流行したマミアンスカートに酷似していると話題になり、ウェイボー(微博、WEIBO)では、“Dior plagiarism(ディオールが盗作)”というハッシュタグが一時ホットサーチリストに入り、1370万回クリックされたという。

 他方、21年12月にコレクションが公開され、4月に店舗での販売開始と同時にソウルでショーを披露した当時、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターは、同コレクションは創業者クリスチャン・ディオール(Christian Dior)の妹、キャサリン(Catherine)へのトリビュートであり、制服、特に学校のユニホームにインスピレーションを受けたと説明している。

 「ディオール」のスカートは香港版のECサイトでは「売り切れ」と表示され、中国本土版のECサイトでは掲載が確認できなかった。米「WWD」によると、「ディオール」からのコメントは得られなかったという。

 中国のネットユーザーの中には「ディオール」を擁護する声もあるが、女性が乗馬しやすいようにデザインされたマミアンスカートと同じ構造だと主張する声も多い。国営メディアの人民日報オンラインの論説欄は、「ディオール」にコメントを求める記事を掲載。「営業秘密を明かさない範囲で、『ディオール』はスカートのデザインプロセスについて可能な限り率直に説明するべきだ」「業界関係者や著作権の専門家も議論に加わった。これは、盗作、デザインの参照、そして敬意を払うことの境界を見極めるチャンスになり得る」と発信している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら