ファッション

「ディオール」韓国初のショーにBLACKPINKのJISOOが来場 新ポップアップもオープン

 「ディオール(DIOR)」は4月30日、2022年ウィメンズ・フォール・コレクションのランウエイショーをソウルで開催した。韓国で行われるのは今回が初めて。フロントローには、同ブランドのグローバルアンバサダーを務めるBLACKPINKのJISOO(ジス)のほか、元フィギュアスケート選手のキム・ヨナ(Kim Yuna)、ドラマ「Pachinko パチンコ」に主演した俳優のキム・ミンハ(Kim Minha)、モデルのアイリーン・キム(Irene Kim)、K-POPガールズグループ、レッド・ベルベット(RED VELVET)のイェリ(Yeri)らが着席した。

 会場となった梨花女子大学校には、巨大なスケートパークを思わせる舞台を設置。ショーのオープニングには複数の女性スケートボーダーが登場し、女性のエンパワメントやシスターフッド、多面性のある女性らしさを表現した。なお、「ディオール」は次世代の女性リーダー育成のため、22年3月に梨花女子大学校とパートナーシップ契約を締結している。

 今回のショーに合わせて訪韓したマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターは、「K-POPは娘を通じて聞くようになり、BLACKPINKにもとても感銘を受けた。JISOOはポジティブでエネルギッシュな女性性を体現しており、『ディオール』の素晴らしいアンバサダーだ」と語った。

 韓国の金融監督院によれば、「ディオール」は韓国市場で業績を伸ばしており、21年の営業利益は1047億ウォン(約107億円)と前年の2.4倍だった。ピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)=クリスチャン ディオール クチュール(CHRISTIAN DIOR COUTURE)会長兼最高経営責任者は、「韓国で業績が非常に好調なことを受けて、売り場を拡大する複数のプロジェクトが進行中だ」とコメントした。

 現在、「ディオール」のウィメンズは韓国で12店を運営。それに加えて、新たなポップアップストア「ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)」をオープンした。3月にリニューアルオープンしたパリ本店を着想源とした「ディオール ソンス」の広さは約700平方メートル。カフェも併設されており、数年にわたって営業する予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら