ビューティ

プーチ、「バイレード」の過半数株式を取得 ゴーラム創業者はチーフ・クリエイティブ・オフィサーを続投

 ラグジュアリーファッション・フレグランス企業のプーチ(PUIG)は、「バイレード(BYREDO)」の過半数株式を取得した。取引額などの詳細は明らかにされていない。創業者のベン・ゴーラム(Ben Gorham)は、引き続きチーフ・クリエイティブ・オフィサーとして同ブランドを率いるという。

 スウェーデン・ストックホルム発のフレグランスブランド「バイレード」は、プロのバスケットボール選手だったゴーラム創業者が2006年に立ち上げた。ミニマリスティックなパッケージとシンプルながらもユニークな香りが人気で、ファッショニスタの愛用者も多い。13年に、同じくフレグランスの「ディプティック(DYPTIQUE)」や、ニューヨークのスキンケアブランド「マリン&ゴッツ(MALIN+GOETZ)」などを保有する投資会社マンザニータ・キャピタル(MANZANITA CAPITAL以下、マンザニータ)の傘下となり、近年はカラーコスメ、レザーグッズ、アイウエアとカテゴリーを拡大していた。マンザニータは、21年9月頃から「バイレード」の売却を検討しており、22年5月中旬にはロレアル(L’OREAL)が買収するのではないかとの憶測が広まっていた。なお、今回の取引後もマンザニータは少数株主として残る。

 プーチの21年度の売上高は25億8000万ユーロ(約3534億円)で、「バイレード」の売り上げは1億ドル(約127億円)を突破していると見られている。

 マーク・プーチ(Marc Puig)=プーチ会長兼最高経営責任者(CEO)は、「『バイレード』を迎えることができ、大変うれしく思っている。同ブランドは、人々の自己表現力をエンパワーし、ESG(環境、社会、ガバナンス)アジェンダに強くコミットするという当社のパーパスをさらに強化してくれると確信している。当社の経験やリソースを活用し、モダン・ラグジュアリーを体現するこのユニークなブランドをさらに発展させていきたい」と語った。

 ウィリアム・フィッシャー(William Fisher)=マンザニータCEOは、「当社は一族経営の会社で、『バイレード』は10年近くファミリーの一員だった。今後は、(プーチという)私たちと同じく素晴らしいブランドを育むことに情熱的な一族経営の会社と共に、「バイレード」の次章を作り上げていけることを誇らしく思っている」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。