ビューティ

ロレアルが大注目の香水「バイレード」を買収間近とのウワサ 売上高120億円以上の大型買収成立か?

有料会員限定記事

 世界最大のビューティ企業ロレアル(L’OREAL)が、「バイレード(BYREDO)」を買収するのではないか?とのウワサが複数浮上している。業界筋は、「契約は結ばれていないが、間近にある」という。買収が実現すれば、2021年の5月にロレアルのトップに就任したニコラ・イエロニムス最高経営責任者(CEO)の体制になって、はじめての大型買収になりそうだ。

 「バイレード」は2006年、もともとプロのバスケットボール選手だったベン・ゴーラム(Ben Gorham)が27歳のときに創業。近年カラーコスメ、レザーグッズ、アイウエアとカテゴリーを拡大している、今もっとも注目を集めているラグジュアリー・フレグランス・ブランドだ。「バイレード」の売り上げは現在、1億ドル(約127億円)を突破していると見られ、売り上げは今も堅調。アメリカでは、売り上げのほぼ半分を現在も香水が担っている。現在は、同じくフレグランスの「ディプティック(DYPTIQUE)」や、ニューヨークのスキンケアブランド「マリン&ゴッツ(MALIN+GOETZ)」、イギリスの小売店スペースUK(SPACE UK)」などを所有する投資会社マンザニータ(MANZANITA)が所有しているが、同社は昨年の9月に売却の検討をスタート。このため、ゴールドマンサックス(GOLDMAN SACHS)に協力を要請しているという。

この続きを読むには…
残り171⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら