コレクション

「メゾン マルジェラ」2016-17年秋冬パリ・メンズ・コレクション

REPORT

“スポンテニアス”なレイヤードの深掘り進む

フォームを自在に変形できるデザインなど、着る人のアイデアによってコーディネートの幅を広げる“スポンテニアス”という考え方が、各都市のメンズコレクションに広がっている。先シーズン、すでにこの新発想に基づきパーソナルなレイヤードを提案した「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は、今季もテーラリングを軸にした“スポンテニアス”を追い求めた。スポーツユニフォームを盛り込んだことで、フェミニンなタッチが中心だった前回から変化し、アクティブなムードが加わっている。

 特徴的なのはアウターのバックスタイル。前から見るとシンプル&エレガントなロング丈のダッフルコートには、ウエスト周りまで届くスリットをサイドに入れ、その部分にもトグルボタンをプラス。ボタンを留めるか否かで、動いた時の表情や中にレイヤードしたアイテムの見え方が変わるデザインになっている。スワローテール型のアウターは後ろテール部分が取り外し可能で、コンパクトジャケットにもアレンジ可能だ。ドレスシャツの裾はいびつにカットされてボトムスの中に無作為に差し込まれ、絶妙なアシンメトリーのバランスを生み出した。

 挑戦的なプロポーションに加えて、「マルジェラ」流のアバンギャルドなスタイルを完成させたのがスポーツウエアのミックス。ありがちなタウンユースを意識したスポーティーな洋服ではなく、自転車競技の選手が着用するような高機能素材による本気のユニフォームだ。マイクロショートのレギンスをローゲージニットに合わせたり、ハイネックジャージーにリラックスパンツを重ねたり。ぴたっと体に吸い付くハイテク素材の光沢がテーラードに混じり、独特のコントラストを生み出した。

LOOK