ファッション

「サンローラン」2016-17年秋冬LAメンズ・コレクション

REPORT

「サンローラン」は2月10日(日本時間11日)、エディ・スリマンのお膝元のロサンゼルスで2016-17年秋冬メンズと16年ウィメンズ・プレ・フォール・コレクションを発表した。会場にはレディー・ガガやレニー・クラヴィッツらのセレブまでが大挙。退任のウワサが浮上しているエディは、創業者のイヴ・サンローランがパリのセーヌ川左岸(リヴ・ゴーシュ)でプレタポルテラインの「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」をスタートして50周年という節目の年に、メゾンへのオマージュと、自身が愛してやまないユースカルチャーに浸透するグランジをミックスし、集大成とも呼ぶべきコレクションを見せた。エディの去就についてケリングのフランソワ・アンリ・ピノー会長兼最高経営責任者(CEO)はショー会場のフロントローで、「まさに今、話し合っている。急ぐ必要はない。3月末までに結論を出せばいいんだ。今夜はメゾン、エディ、そしてLAを祝いたい」と話した。

エディが今回ショー会場に選んだのは、ロサンゼルス・ハリウッドのコンサート会場、パラディウムだ。1940年に誕生した歴史ある建物で、デヴィッド・ボウイを始めとする多くのミュージシャンがコンサートを開催してきた。音楽とは切っても切り離せないエディゆえ、今回のショーは、これまでの集大成なのではと“危惧”してしまう。約1600人が集った会場にはミュージシャンや俳優が続々と来場し、会場はさらに熱気を帯びた。

「もしかしたら、これがエディのラストショーになるかもしれない」という観客の思いのせいか、ショーのスタート前には拍手が沸き起こった。ショーにはメンズとウィメンズのモデルが交互に登場。メンズはエディらしいスーパースリムのレザーやデニムパンツに、ボウタイブラウスやフリンジ付きのライダースジャケット。加えて今シーズンはナポレオンジャケットやマントなどのユニホーム的な要素を取り入れている。ウィメンズは、ロックなミニドレスから、ミディ~ロング丈のスカートやガウチョパンツにシフト。シフォンのプリントロングドレスにベストや太いベルト、ブーツを合わせ、1960年代後半から70年代前半の「イヴ・サンローラン」をほうふつとさせるスタイルに続く。洋服には、「リヴ・ゴーシュ」のアーカイブプリント。メタリックなスパンコールや刺しゅうをふんだんに用いて、単なるエレガンスに着地しないのがエディらしい。

今年は「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」50周年のアニバーサリーでもある。エディは「サンローラン」のロックな精神を取り戻したかったのではないか?そして、それが今できるのはパリではなく、LAだと思い、今回パリメンズをスキップしたのではないか?

その記念すべきタイミングで「サンローラン」を去るのか否か?それは現時点では定かではないが、これまでのエディの集大成、そして、ムッシュ・サンローランへのオマージュを感じさせるショーだった。ショーが終わるとスタンディング・オベーションでエディを待つ観客の前に、彼はワインレッドのジャケットを着て少し前かがみで現れ、小さく手を振った。髪は長い。その姿は、若かりし日のムッシュを彷彿とさせた。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。