ファッション

「サカイ」がカプセルコレクションのローンチパーティーを開催 阿部千登勢デザイナーやローラ、三吉彩花の姿も

 「サカイ(SACAI)」は2月5日、デンマーク人のジュエリーデザイナーであるソフィー・ビル・ブラーエを迎えたカプセルコレクション「サカイソフィービルブラーエ(SACAISOPHIEBILLEBRAHE)」を記念したカクテルパーティーを、ドーバー ストリート マーケット ギンザで開催した。パーティーには阿部千登勢デザイナーとコペンハーゲンから来日したデザイナーのソフィー・ビル・ブラーエも来場した。

 会場になったドーバー ストリート マーケット ギンザの1階にあるエレファントスペースでは、「サカイ」の2016年春夏コレクションのインスタレーションを実施。同コレクションの特徴的なバンダナプリントをはじめとした、カラフルなプリントで空間を演出した。1階にあるゴールデンルームでは、「サカイソフィービルブラーエ」のコレクションが、ソフィー・ビル・ブラーエによるオブジェとともに披露された。

 メーンフロアの4階会場では、今回のパーティーのために特別に用意された、“sacai”の文字があしらわれたガチャガチャが出現。専用のメダルが配られた来場者が、ガチャガチャを回すと「サカイソフィービルブラーエ」のジュエリーやブランド本「サカイ A to Z」などの景品が当たり、会場を盛り上げた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら