ファッション

ダウンタウン松本人志が「レオン」の表紙に 私的に愛⽤する「エンポリオ アルマーニ」を着用

 メンズファッション誌「レオン(LEON)」(主婦と生活社)6⽉号(4⽉25⽇発売)の表紙に、ダウンタウンの松本⼈志が登場する。

 昨年40周年を迎えた「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」と、今年デビュー40周年を迎えるダウンタウンのダブルアニバーサリーを記念したもので、松本は「エンポリオ アルマーニ」のスーツを着用し、⽇本⼈として初めて「レオン」の表紙に登場する。合わせて同誌は、6ページのファッション撮影も実施。インタビューでは“モテるオヤジ”“⾦とセンス”、また“お笑い論”にも⾔及する。

 これまで「レオン」の表紙は、モデルのパンツェッタ・ジローラモ(Panzetta Girolamo)が20年間務め、一人の男性モデルが同⼀⽉刊誌の表紙モデルとして出演し続けるギネス記録を現在も更新中。過去に「レオン」の表紙に⽇本⼈が出演したことはなく、松本が歴史を変えた格好だ。

 ⽯井洋「レオン」編集⻑は、「松本さんはまさに『レオン』世代。そこで“⼤⼈って楽しい!”を表現してもらい、あらためて読者にエールを送りたいと考えた」と企画意図について話す。

©HIRO KIMURA(W)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。