ファッション

「フミエ タナカ」平和への祈り、27歳「ダイリク」の大舞台 ”服を着る喜び”に溢れ、活気づく東京【東京コレクション2022-23秋冬リポート】

有料会員限定記事

 3月14〜19日に、「楽天 ファッションウィーク東京(以下、東コレ)」が行われた。世界情勢が不安定な中、参加ブランドはファッションの醍醐味である”着る喜び”をそれぞれのショーで示し、逆境に屈しない力強いクリエイションを見せた。

 今シーズンのハイライトのひとつが、田中文江による「フミエ タナカ」だ。ブランド名変更後の初のショーで、得意とするエレガンスな軸に、エキゾチックやアウトドア、ロマンチックなフリルドレスまで、幅広いテイストをミックスした。フィナーレでは一筋の光が差し込む中、モデルが集合し、大きな輪となって空を見上げた。「ショーが開催できたこの一瞬の幸せをかみ締めて、日々の感謝を伝えたかった」(田中デザイナー)。平和への祈りをささげ、希望を与える演出に、割れんばかりの拍手が起こった。(この記事はWWDジャパン2022年4月11日号からの抜粋です)

 27歳の岡本大陸による「ダイリク」は、「東京ファッションアワード」受賞により念願のショーを実現。毎シーズン映画に着想してコレクションを制作する同ブランドは、撮影スタジオのような空間を作った。大阪や韓国など、自身のルーツと好きなものを凝縮し、見る人にファッションにのめり込んだころを思い出させるような、エモーショナルなショーを成功させた。

この続きを読むには…
残り604⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。