ファッション

「フミエ タナカ」平和への祈り、27歳「ダイリク」の大舞台 ”服を着る喜び”に溢れ、活気づく東京【東京コレクション2022-23秋冬リポート】

有料会員限定記事

 3月14〜19日に、「楽天 ファッションウィーク東京(以下、東コレ)」が行われた。世界情勢が不安定な中、参加ブランドはファッションの醍醐味である”着る喜び”をそれぞれのショーで示し、逆境に屈しない力強いクリエイションを見せた。

 今シーズンのハイライトのひとつが、田中文江による「フミエ タナカ」だ。ブランド名変更後の初のショーで、得意とするエレガンスな軸に、エキゾチックやアウトドア、ロマンチックなフリルドレスまで、幅広いテイストをミックスした。フィナーレでは一筋の光が差し込む中、モデルが集合し、大きな輪となって空を見上げた。「ショーが開催できたこの一瞬の幸せをかみ締めて、日々の感謝を伝えたかった」(田中デザイナー)。平和への祈りをささげ、希望を与える演出に、割れんばかりの拍手が起こった。(この記事はWWDジャパン2022年4月11日号からの抜粋です)

 27歳の岡本大陸による「ダイリク」は、「東京ファッションアワード」受賞により念願のショーを実現。毎シーズン映画に着想してコレクションを制作する同ブランドは、撮影スタジオのような空間を作った。大阪や韓国など、自身のルーツと好きなものを凝縮し、見る人にファッションにのめり込んだころを思い出させるような、エモーショナルなショーを成功させた。

この続きを読むには…
残り604⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら