ファッション

百貨店&有力セレクトを直撃 「2022-23年秋冬、気になったムード&ブランドを教えてください」

有料会員限定記事

 百貨店やセレクト有力店のバイヤーに、2022-23年秋冬の傾向と買い付けを中心に気になるブランドなどを聞いた。春夏に続き“着たいものを自由に着る”というムードが継続。海外渡航制限で、今まで以上に東京ブランドへの注目が高まっている。
※各店の買い付け商品は、写真の洋服と異なる場合があります。

女性らしいしなやかな健康美で
引き続き「性の解放」を提案

神谷将太/伊勢丹新宿本店リ・スタイルバイヤー

 引き続き「着たい洋服を選びませんか?」というスタンスの方が、共感を得られると考える。核となるのは、「多様化する個人の価値観・生き方というスタイルに対して、美しい選択になるようなスタイリングの提案に挑戦しつづける」というコンセプト“ビューティフル・チョイス”。「サステナブルだけだと“グッド”や“グリーン”になりがちだが、一方でパンクな発想があっても良い。それらの中間にあるのが“ビューティフル”と考え、掲げている」と話す。トルソーなどによるスタイリングなどで、リ・スタイルが考える今のムードを表現したい考えだ。

 「性の解放」は、引き続き提案する。「ありのままの自分が美しい」というオープンマインドを訴えるが、正直「露出」や「ボディコン」はハードルが高い。そこで「しなやかな健康美」や「女性らしいシルエット」「部分的な肌見せや、背中などの健康的な露出」「ドレープやギャザー」など意識して買い付けた。こうしたスタイルを「For My Way(自己表現)」と「For Love(多様で区別のない愛)」「For Future(サステナブルなスローファッション)」の切り口で表現したい考えだ。スリットの深いアイテムが多かった「マメ クロゴウチ」や「レジーナ ピョウ」「アカネ ウツノミヤ」などに期待。セットアップにはセカンドスキンを合わせたり、コルセットでコントラストを効かせたりを提案する。ジャケットはコンパクトなタイプを中心に、例年よりは豊富に買い揃えた。また「スタート ア ジャーニー」というテーマで、機能性素材を用いたアイテムや風景モチーフのアイテムも買った。注目の色は「グリーンのバリエーション」だ。

この続きを読むには…
残り2523⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら