ファッション

大阪初出店の「ベスト ヴィンテージ」は「カルティエ」や「シャネル」などレディス時計を強化

 時計専門店「イシダ」を運営するベスト販売(東京、石田充孝社長)は3月4日、ビンテージウオッチ専門店の「ベスト ヴィンテージ」をグランフロント大阪にオープンする。店舗面積は約60平方メートルで、同業態が関西に進出するのは初。

 商業施設への出店ということから、いっそうレディスモデルを意識し、「カルティエ(CARTIER)」「シャネル(CHANEL)」「エルメス(HERMES)」などを強化する。

 「ベスト ヴィンテージ」は、「イシダ新宿」(旧「ベスト新宿本店」)の大規模リニューアルに伴い、昨年9月、同店の地下1階にオープン。「好調を受けての拡大」であり、「西日本エリアのお客さまの『当店に興味があるが、遠くてなかなか足を運べない』という声に応えたもの」だという。

 ベスト販売は正規時計販売部門である「イシダ」と、ビンテージウオッチ部門の「ベスト」からなり、首都圏を中心に北海道から大阪まで6店舗を展開する。

■ベスト ヴィンテージ
オープン日:3月4日
時間:11:00~21:00
住所:大阪府大阪市北区大深町4-20 南館2階