ファッション

「アディダス」、22年は雇用拡大へ 2800人の新規採用を予定

 アディダス(ADIDAS)は26日、2022年中に新たに2800人を雇用すると発表した。47カ国・307の勤務地で雇用する予定だが、800人以上が同社の本拠地であるドイツでの勤務になると見込まれている。また、多くは店舗での採用になるという。

 アディダスは22年現在、6万2000人の従業員を抱えている。そのうち7000人はドイツを拠点とするが、さまざまな国籍の人材がいるため、社内の公用語は英語だ。平均年齢は32歳。雇用拡大計画に伴い、多様性の向上にもいっそう力を入れる。例えば、現在は35%を占める女性リーダーの割合を、25年までに40%にすることを掲げた。

 同社のアマンダ・ラージクマール(Amanda Rajkumar)=グローバル人事・人材・カルチャー担当取締役は、「雇用者として新たなスタンダードを設定したい。当社ならではの、従業員を惹きつける労働環境の整備にいっそう力を入れていく」とコメントした。

 アディダスは21年8月、傘下の「リーボック(REEBOK)」をブランドマネジメント企業のオーセンティック・ブランズ・グループ(AUTHENTIC BRANDS GROUP)に売却することを発表しているが、取り引きは22年1〜3月(第1四半期)に完了する見通し。これに伴い、「リーボック」は150人の従業員を解雇するという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。