ファッション

「アディダス」から女性チームが開発した女性ランナー向けモデル“ウルトラブースト 22”が登場

 「アディダス(ADIDAS)」は、人気のランニングシューズ“ウルトラブースト”シリーズから、女性ランナー向けの最新モデル“ウルトラブースト 22”を12月9日に全国の取り扱い店舗で発売する。12月2日から「アディダス」公式ECサイトと公式アプリで先行販売する。女性社員のみで構成した開発チームが、120万人の女性ランナーの足を研究したデータベースに基づき、足の形状や特徴に沿って既存モデルに改良を加えた。サイズは22〜26.5cmで、価格は2万4000円(税込)。

 ポイントは、女性特有のS字形の曲線に沿う靴型を使って再設計したプライムニットアッパーだ。女性ランナーの多くが悩む靴擦れを防ぐため、シュータンとヒール部分はクッション性を高めた。糸はプラスチック廃棄物が原料の“パーレイ オーシャン プラスティック”を50%使用した。天然ゴムのアウトソールには、高い反発性で伸びのあるストライドをサポートする“リニアエナジープッシュ”が付く。女性の足の形状をマッピングして分析し、前モデルよりも甲周りのサポート性を改善した。ヒール部分にも“BOOST”フォームを入れ、かかと周りが内側に旋回しすぎてしまう状態を防止する。ミッドソールの“BOOST”フォームとの組み合わせで、エナジーリターンは前モデルと比較して4%向上した。

 カラーは、デザインコンセプトの“抱擁感”を表現する温かみのあるパープル(マジックモーブ)のほか、ユニセックスモデルを含む合計13色を用意した。商品開発を担当したノラ・ウィリムジ(Nora Wilimzig)は、「私たちは全てのランナーにとって完璧なシューズを開発してきたつもりだったが、男性と女性の足ではやはり構造的な違いがある。例えば、通常の靴形で作ったシューズの場合、女性はシューレースを男性よりもきつく結ばなければいけなかったり、かかと部分のスレを男性よりも感じたりしている。今回はヒールカップを少し狭くしたり、前足部分を浅くしたりといったミリ単位の調整を重ねることで、フィット感を大幅に改善できた。360度快適に包みこまれる抱擁感に近い感覚を実現できた」と説明する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら