ファッション

ポール・スミスが「コンパニオン・オブ・オナー勲章」を受勲 ファッションデザイナーは初

 ポール・スミス(Paul Smith)は英国ファッション界への貢献を称えられ、「コンパニオン・オブ・オナー勲章」を受勲した。ファッションデザイナーの受勲は初。

 バッキンガム宮殿は「彼のサクセスストーリーは、英国の勤勉さ、創造性、起業家精神を表している。何の資格も持たずに学校を中退し、ノッティンガムの小さな店から慎ましくスタートした。それが今では、52カ国で販売する“ポール・スミス王国”を築き上げた。そして現在も、チェアマン兼デザイナーとして、自身が1970年に創業したビジネスのあらゆる面で主導権を持ち続けている」と述べる。ポールは、「受勲の手紙を受け取ったとき、本当に驚いた。過去の受勲者のリストに加わることができ、大変光栄だ」とコメントした。

 「コンパニオン・オブ・オナー勲章」は1917年、ジョージ5世によって創設された。長年にわたり芸術や科学、医学など、国家として重要な分野で大きな貢献を果たした人物に授与するものだ。これまでにエルトン・ジョン(Elton John)やポール・マッカートニー(Paul McCartney)らが受勲している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら