ファッション

「ポール・スミス」が12月24日、銀座にメンズ旗艦店をオープン

 「ポール・スミス(PAUL SMITH)」は12月24日、東京・銀座にメンズ単体で初となる旗艦店をオープンする。晴海通りと並木通りの交差点角地で、3月末まで「テイジンメンズショップ」銀座本店があった場所だ。地下1階から地上2階までの3フロア構成で、店舗面積は約306平方メール。

 1階にはファーストラインの「ポール・スミス」をはじめ、シーズンごとのフォーカスアイテムを並べ、鮮やかな赤の階段をのぼった2階にはディフュージョンラインの「PS ポール・スミス」のメンズウエアやアクセサリーをラインアップする。地下1階にはスーツのオーダーサービス“メイド トゥ メジャー”を常設する。

 世界中の「ポール・スミス」ショップ同様、銀座店にも至るところにアート作品を置き、ポール・スミス(Paul Smith)本人の眼鏡にかなった什器や、ポールがデザインしたファブリックを使ったスツールが店内を彩る。

 エクスクルーシブアイテムも用意し、「ポール・スミス」のアイコンである“アーティストストライプ”の色使いからインスピレーションを受けたアートワークをあしらったブルゾンやシャツ、パーカ、ディアスキンを用いたバッグなどを販売する。

■「ポール・スミス」銀座店
オープン日:12月24日
時間:11:00~20:00
定休日:不定休
住所:東京都中央区銀座4-3-10 銀座中央ビル 地下1階~地上2階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら