ファッション

テイメンが閉店、61年の歴史に幕 セレクトショップの先駆け

 帝人グループのテイジンアソシアリテイル(東京都、丸山浩之社長)は、“テイメン”の愛称で親しまれた「テイジンメンズショップ」の銀座本店を3月28日に閉店する。これに先駆けて3月3日には千葉県市川市のニッケコルトンプラザ内にある店舗も閉め、実店舗が消滅する。全国に13店舗あるアウトレット業態の「テイジンメンズショップ ラック」も、3月末までに全て閉店する。

 「テイジンメンズショップ」銀座本店は、1960年に銀座4丁目の晴海通り沿いにオープン。アイビーの象徴的ブランドである「ヴァン(VAN)」をメインで扱い、66年に飲食店の「スナック ヴァン」を2階に開いたことで、“街のアイビーリーガース”の総本山となった。英国ブランド「バラクータ(BARACUTA)」のスイングトップ“G9”や「ジョン スメドレー(JOHN SMEDLEY)」のニットウエア、米国の靴ブランド「ジー・エイチ・バス(G.H.BASS)」のローファーなど、同店が日本に広めたブランドは多い。

 なおテイジンアソシアリテイルは、運営するウィメンズの「ディアプレ」(全2店舗)、生活雑貨を扱う「セサミ」(全4店舗)および「セサミプラス」(全1店舗)、インテリアショップの「インテリアート」(全2店舗)も3月末までに閉店する。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。