ファッション

テイメンが閉店、61年の歴史に幕 セレクトショップの先駆け

 帝人グループのテイジンアソシアリテイル(東京都、丸山浩之社長)は、“テイメン”の愛称で親しまれた「テイジンメンズショップ」の銀座本店を3月28日に閉店する。これに先駆けて3月3日には千葉県市川市のニッケコルトンプラザ内にある店舗も閉め、実店舗が消滅する。全国に13店舗あるアウトレット業態の「テイジンメンズショップ ラック」も、3月末までに全て閉店する。

 「テイジンメンズショップ」銀座本店は、1960年に銀座4丁目の晴海通り沿いにオープン。アイビーの象徴的ブランドである「ヴァン(VAN)」をメインで扱い、66年に飲食店の「スナック ヴァン」を2階に開いたことで、“街のアイビーリーガース”の総本山となった。英国ブランド「バラクータ(BARACUTA)」のスイングトップ“G9”や「ジョン スメドレー(JOHN SMEDLEY)」のニットウエア、米国の靴ブランド「ジー・エイチ・バス(G.H.BASS)」のローファーなど、同店が日本に広めたブランドは多い。

 なおテイジンアソシアリテイルは、運営するウィメンズの「ディアプレ」(全2店舗)、生活雑貨を扱う「セサミ」(全4店舗)および「セサミプラス」(全1店舗)、インテリアショップの「インテリアート」(全2店舗)も3月末までに閉店する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら