ファッション

「ポール・スミス」が誕生50周年 アーカイブプリントを再解釈したカプセルコレクションと書籍発売

 「ポール・スミス(PAUL SMITH)」は10月21日に、創業50周年を記念したカプセルコレクションを発売する。

 デザイナーのポール・スミスは80年代にメンズウエアにフォトグラフィックプリントを取り入れ、プリントデザインにおけるパイオニアとしての評判を確立した。同コレクションでは1988年から2002年の間に発表されたアーカイブのグラフィックプリントを再解釈し、メンズとウィメンズのアイテムに落とし込んだ。注目は1994年秋冬コレクションで発表されたスパゲッティプリント。これはポールが80年代に東京を訪れた際に食品サンプル専門店で見つけたプラスチック製のスパゲッティが、サルバドール・ダリ(Salvador Dali)のシュルレアリスムの作品に見えたことをきっかけに誕生したもの。そのほか、光沢のある青リンゴやバラなどのフローラルプリントも登場する。

 アイテムはジャージーやボンバージャケット、シャツなどのアパレルからスニーカー、バッグ、時計、革小物などをそろえる。全てに70年代にデザインされたブランド最初のロゴで、アール・デコ調のグラフィックとレトラセットのモダンなフォントが特徴のネームを取り付けた。公式オンラインショップと「ポール・スミス」店舗、一部の主要百貨店イベントスペースで順次販売する。

 また、ポールの人物像に迫る書籍「Paul Smith」が10月にファイドン社から出版される。なお、日本語版は11月22日に青幻舎から出版される(7500円)。同書ではポール自身がこれまでインスピレーションを受けてきた50のモノを紹介する。花の種のパッケージや家族写真などさまざまなモノが登場し、彼のデザイナーとしての仕事や思考のプロセスなどを探ることができる。ポールと交友のあるマノロ・ブラニク(Manolo Blahnik)やマーティン・パー(Martin Parr)、ジョン・ポーソン(John Pawson)らの手紙や写真などの寄稿も収められている。公式サイトでは10月1日から先行予約の受け付けを開始した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら