ファッション

「ルイ・ヴィトン」2022年プレ・フォール・コレクション ヴァージルが生前にデザインを完成

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は13日、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が生前に手掛けた2022年プレ・フォール・コレクションを発表した。同ブランドによると、メンズ・アーティスティック・ディレクターを務めたヴァージルが11月28日に急逝する前に、デザインや撮影を完了させていたものだという。

 本コレクションのテーマは、“ボーイフッド・イデオロギー(Boyhood Ideology)”。ヴァージルが「ルイ・ヴィトン」で初めて手掛けたプレ・コレクションで打ち出したテーマで、「ボーイフッド(少年期)」の複雑で多様な姿を捉えたもの。伝統的なメンズウエアの要素を混ぜ合わせ、次世代の消費者に向けて再解釈したルックがそろう。テーラリングにはウィメンズのデザインによく見られる、ゆったりとしたカットやディティールを散りばめ、スポーツウエアには毛皮やレザー、シルクなどを使って上品に仕上げた。

 マイケル・バーク(Michael Burke)=ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者は、「来年1月のパリ・メンズ・ファッション・ウイークで発表する2022年秋冬コレクションは、ヴァージルが亡くなる前にすでに95%完成していた」と語る。このため、ヴァージルによる最後のコレクションは22年秋冬コレクションになると見られている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら