ファッション

「ルイ・ヴィトン」2022年プレ・フォール・コレクション ヴァージルが生前にデザインを完成

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は13日、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が生前に手掛けた2022年プレ・フォール・コレクションを発表した。同ブランドによると、メンズ・アーティスティック・ディレクターを務めたヴァージルが11月28日に急逝する前に、デザインや撮影を完了させていたものだという。

 本コレクションのテーマは、“ボーイフッド・イデオロギー(Boyhood Ideology)”。ヴァージルが「ルイ・ヴィトン」で初めて手掛けたプレ・コレクションで打ち出したテーマで、「ボーイフッド(少年期)」の複雑で多様な姿を捉えたもの。伝統的なメンズウエアの要素を混ぜ合わせ、次世代の消費者に向けて再解釈したルックがそろう。テーラリングにはウィメンズのデザインによく見られる、ゆったりとしたカットやディティールを散りばめ、スポーツウエアには毛皮やレザー、シルクなどを使って上品に仕上げた。

 マイケル・バーク(Michael Burke)=ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者は、「来年1月のパリ・メンズ・ファッション・ウイークで発表する2022年秋冬コレクションは、ヴァージルが亡くなる前にすでに95%完成していた」と語る。このため、ヴァージルによる最後のコレクションは22年秋冬コレクションになると見られている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。