ファッション

ヴァージルの訃報にデザイナーや業界人らも衝撃 同氏への想いを語る

 11月28日、デザイナーのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が死去した。41歳だった。ファッション業界からは、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」を手掛けるデザイナーのピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)、マーク・ジェイコブス(Marc Jocobs)、「ディオール(DIOR)」のマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターらがインスタグラムに追悼の声を投稿した。

 2014年に自身のブランド、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」を設立したヴァージル。18年3月には、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズ・アーティスティック・ディレクターに抜擢され、業界の歴史に名を刻んだ。同氏の公式インスタグラムによると、2019年に心臓血管肉腫というがんを診断され、以来闘病生活を送っていたという。ここでは、SNSに寄せられたデザイナーや業界人の投稿を紹介する。

ドナテラ・ヴェルサーチェ

 「ヴァージル、なんと言ったらいいのかわからない。世界は今日、ファッションのスーパースターを失ってしまった。イノベーターであり、歴史に名を刻む人物。悲劇的なこの日に、あなたが愛した人々に思いを馳せる。愛を込めて、ドナテラ」

 「ヴェルサーチェ(VERSACE)」のドナテラ・ヴェルサーチェ(Donatella Versace)=クリエイティブ・ディレクター

アレッサンドロ・ミケーレ

 「あなたの優しさが天界を照らしますように。また会う日まで」

 「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクター

キム・ジョーンズ

「誰よりも優しかったヴァージルの死去を聞き、悲しんでいる。共に旅をして、ホテルではクリエイションに励み、日本の雑誌を読み漁り、笑い、そして話し合った思い出が蘇る。残された家族のことを思うと……」

 キム・ジョーンズ(Kim Jones)=「フェンディ(FENDI)」ウィメンズ・アーティスティック・ディレクター兼「ディオール(DIOR)」メンズ・アーティスティック・ディレクター

ピエールパオロ・ピッチョーリ

 「ヴァージル。何年か前、ジュン「アンダーカバー(UNDERCOVER)」の高橋盾)を介して出会った時、彼らはイベントでDJをしていて、今度は3人で音楽を一緒に作ろうと約束して別れた。今の感情を表そうとすると、彼との思い出がよみがえってくる。若く才能あふれる青年であり、父親であり、アーティストであり、クリエイティビティーに愛され、豊かな人生を送っていた。彼の知的好奇心と人間性はファッション業界に一石を投じた。これからも彼の残したものは長く生き続けるだろう」

 「ヴァレンティノ」を手掛けるデザイナーのピエールパオロ・ピッチョーリ

シルヴィア・ヴェントゥリーニ・フェンディ

 「ヴァージルへ、ご冥福をお祈りする。あなたと過ごした日々を胸に大切にしまっておきます。あなたのご家族に思いを捧げて」

 シルヴィア・ヴェントゥリーニ・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクター

マーク・ジェイコブス

 「親愛なるヴァージル、どうか安らかに、力と共に眠らんことを。ご家族や友人、同僚のことを思うと胸が痛む。あまりにも早く逝ってしまった。彼が私たちにもたらしてくれたすべてのものに感謝する」

 デザイナー、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)

ヴィクトリア・ベッカム

 「あらゆる分野で彼は真のインスピレーションだった。ご冥福をお祈りします。あなたの美しいご家族に愛と光を贈る。私を含め、みんなあなたに会えなくなり寂しく思っている」

 デザイナー、ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)

マルセロ・ブロン

 「チャオ、ヴァージル!君は社会に大きな変化をもたらすために生まれてきた。道筋を示してくれてありがとう」

 デザイナー、マルセロ・ブロン(Marcelo Burlon)

アレクサンドル・アルノー

 「ヴァージル・アブローは、現代のクリエイティビティとは何かを体現したような人物だった。さまざまな機会で協業できたことを光栄に思う。彼の頭から出てくる新しいアイデアには驚かされてばっかりだった。カニエ・ウェスト(Kanye West)との協業もそうだが、ビーントリル(BEEN TRILL)、「オフホワイト」「ルイ・ヴィトン」「リモワ(RIMOWA)」など、彼が関わるとクリエイションが一気に輝き出す。プライベートでも仲良くしており、彼はいつも的確で温かなアドバイスをしてくれた。この社会に大切なものをたくさんもたらしてくれて、本当にありがとう。彼の妻や子どもたち、ご家族のみなさまに私の思いと祈りを捧げる」

 アレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)=ティファニー(TIFFANY & CO.)プロダクトおよびコミュニケーション部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデント

ペギー・グー

 「この衝撃は言葉ではとても表せない。あまりにも早い死で、私含め多くの人は闘病していたことすら知らなかっただろう。彼が病気について公で話すことなく、最後まで仕事に費やしたことは、彼のクリエイションへの姿勢や情熱を反映している。彼は誰もが不可能だと思っていた障壁を壊し、境界線を飛び越えるべく果敢にチャレンジし続け、新たなスタンダードを築いた“革命者”だ。私のキャリアが軌道に乗る前からヴァージルが応援してくれたことに、心から感謝している。彼はいつも、誰も置いていくことなくみんなで一緒に駆け上がることを目指した。私たちの世代にとって、彼は永遠のヒーロー、そしてパイオニアとして心に残り続けるだろう。力と共にお眠りください。たくさんのインスピレーションをありがとう」

 韓国出身の音楽プロデューサーでDJのペギー・グー(Peggy Gou)=「キリン バイ ペギー グー(KIRIN BY PEGGY GOU)」プロデューサー

ダナ・キャラン

 「訃報を聞いて心が張り裂けるようだった。彼は優れたデザイナーであると同時に、よき夫、父親、息子であり、誰からも愛されるよき友人だった。ファッションや建築、音楽といった点を線で結び、新しいものを生みだした。先見性に満ちていた彼は、コミュニティーのみんなから惜しまれることだろう。彼のクリエイティビティや才能、影響力によって業界は大きく変わった。彼のご家族や友人にお悔やみを申し上げる」

 ダナ・キャラン(Donna Karan)=「ダナ キャラン ニューヨーク、DKNY)」創業者


 ほかにも多くの業界人やデザイナーらがコメントを寄せている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。