ビジネス

浦安・舞浜のシェラトンが韓国一色に グルメからK-POPカバーダンスまで“シムクン(ドキドキ)”体験を提供

 千葉・浦安の「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(SHERATON GRANDE TOKYO BAY HOTEL(以下、シェラトン東京ベイ))では11月30日まで、国内にいながら韓国旅行気分が楽しめる初のコリアン・フェア“シムクンシェラトン(SIMKOONG SHERATON)”を開催している。“シムクン”とは韓国語で“ドキドキする”という意味。シェラトン仁川をはじめ、駐日韓国文化院、大韓航空などと協業して韓国グルメや展示、イベントを行う。

 『シェラトン東京ベイ』は今年、創業33周年。コロナ禍で渡航が難しい中、国内にいながら非日常を楽しめるハワイアン・フェアやタイ・フェアを開催してきた。第三弾のコリアン・フェアでは館内の至るところに、韓国大使館の協力により韓国文化ボックスが設置されている。“アンニョン(こんにちは)”というハングル語や韓国文化を体験できるボックスをはじめ、昔の家“韓屋”や伝統的な衣装のボックスなどがあり、一部フォトスポットとして開放する。

 また、毎週末は、無料のキムチクッキングクラス(事前予約要、先着25人限定)を開催。また、週末と祝日には、ロビーや各所でK-POPカバーダンスやテコンドーのパフォーマンス、伝統楽器によるコンサートなどが行われる。

韓国スタイル居酒屋から人気スイーツまでグルメが充実

 今回のフェアの目玉は、ホテル内ガーデンで金・土・日・祝日限定で開催する韓国スタイル居酒屋“ボチャ”だ。焼肉をはじめ、スンドゥブチゲやカニ入り海鮮辛ラーメン、チヂミ、韓国版スパム“リチャム”がチャミスルやマッコリと楽しめる。

 ブッフェダイニングの『グランカフェ』では11月限定で『シェラトングランド仁川』のレシピによる“コリアンフードブッフェ”を実施する。ブッフェでは、ポークリブチゲやエビのコチュジャン炒めなどのフードをはじめ、チャミスルやマッコリ、オリジナルのカクテルなども日替わりで提供。料金(大人)はランチブッフェが3700~4300円、ディナーブッフェが5500~6200円。17日は、ランチサンクスデーで2700円、19日はディナーサンクスデーで3500円(前日まで要予約)。

 カフェ『トスティーナ』では、韓国ポップカルチャーの中心である新大久保で大人気の“トゥンカロン”やマッコリを使用したスイーツや韓国で人気の調理パンが楽しめる。金曜日限定で、韓国をテーマに“フライデースイーツブッフェ”を開催。SNS映えするスイーツだけでなくサンドイッチなどの軽食を提供。料金は大人3200円。また、8種類のミニスイーツを宝石箱のように詰めた“シェラトンスイーツボックス”の用意もある。2日前までの予約限定で2800円。

日本にいながら韓国気分が味わえる宿泊プラン

 日本にいながら韓国気分を味わえる“渡韓ごっこ”を味わえる朝食付き宿泊プランも用意されている。ブッフェの割引や韓国発人気スキンケアブランド『メディヒール(MEDIHEAL)』、韓国料理クッキングセミナー参加など幾つかの特典を選べる。詳細はシェラトン東京ベイウェブサイトで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら