ファッション

「ジル サンダー」 × 「アークテリクス」のコラボアイテムが公開 美しい機能とデザインの融合

 「ジル サンダー(JIL SANDER)」は、「ジル サンダー+」とカナダ発のアウトドアブランド「アークテリクス(ARC'TERYX)」がコラボレーションしたカプセルコレクションを11月20日に発売する。「ジル サンダー」の表参道店と公式EC、「アークテリクス」の神戸ブランドストアで販売する。両ブランドは2020年12月に共同でのプロジェクト開始を発表していた。

 コレクションはユニセックスのコート(税込28万1600円)とビブ付きパンツ(同19万3600円)、オーバーオール(同31万6800円)、メンズのジャケット(同23万8700円)とウィメンズのジャケット(同21万1200円)の5型をそろえる。アイテムはスキーやスノーボード、マウンテンスポーツに焦点を当てており、本格的なアウトドアの機能を備えている。「ジル サンダー」クリエイティブ・ディレクターのルーシー・メイヤー(Lucie Meier)とルーク・メイヤー(Luke Meier)夫妻がシルエットを考案し、「アークテリクス」チームが専門性の高い機能や構造を融合させた。防水透湿性素材「ゴアテックス(GORE-TEX)」を使った3レイヤー構造や、人間工学に基づくパターンデザインのマイクロシームテープ、デザインアクセントにもなるしなやかな耐候性レザーなどを用いている。カラーリングはミニマルなブラックとホワイトのほか、氷河を想起させるブルーグレーも加えた。

 メイヤー夫妻は協業のきっかけについて「私たちは山でウィンタースポーツを楽しみながら育ちましたが、高い性能と美しいデザインのバランスがとれたウエアを見つけることができませんでした。私たちが尊敬する、アークテリクス社の研究に対する厳格さと熱心さに惹かれました」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら