ファッション

「背中を押してほしい」に寄り添う 「今週の特集お届け隊」2021年10月25日号

 毎週発行している「WWDJAPAN」は、ファッション&ビューティの潮流やムーブメントの分析、ニュースの深堀りなどを通じて、業界の面白さ・奥深さを提供しています。巻頭特集では特に注目のキーワードやカテゴリー、市場をテーマに、業界活性化を図るべく熱いメッセージを発信。ここでは、そんな特集を担当記者がざっくばらんに振り返ります。(この記事は「WWDJAPAN」2021年10月25日号からの抜粋です)

五十君:財布の開運プロモーションが話題になったり、ビューティ企業が癒しやヒーリングを打ち出したりと、コロナ禍以降スピリチュアルな流れが強まっているなと思っていました。

米山:でも取材してみたら、5年以上前からやっていたところばかりでした。むしろ消費者の感度が変わってきているようです。

五十君:そうなのよ。博報堂の生活総合研究所の調査で「占いやおみくじを信じますか?」の項目が、2020年は18年に比べて20代女性の「はい」が17ポイント上がっていて。

米山:激増ですね(笑)。

五十君:博報堂の方いわく、20代の女性は人生の決断をせまられることが多いうえに、コロナでステイホームになり、自分の内面に目が向いているのではないかと。いろいろ自分自身や将来について考えたときに占いに背中を押してほしいというニーズがあるわけで、そこにビジネスチャンスもあるんだなと思いました。

米山:確かに20代はメインターゲットに含まれていますね。私は占いは信じていないのですが、決断の時に“何か”ひと押しあると決断しやすいというのは納得します。化粧品や服を選ぶときに、「運気が上がりそう」とか「パワーをもらえそう」が重視され始めているんじゃないでしょうか。

五十君:私が思ったのは、多くの人にとって実は買い物がストレスなんだろうなと。その人のラッキーカラーを占いつつ、長年販売員だった経験を生かしてスタイリングも提案する占い師兼パーソナルスタイリストの取材をしたのですが、「決める」というストレスに対しての一つの解としては、骨格診断などと占いによる色やスタイリングの提案は一緒だと思いました。

米山:なるほどです。私は「ビープル バイ コスメキッチン(BIOPLE BY COSME KITCHEN)」の谷口智美ディレクターが「人の美しさは、目の大きさや鼻の高さとかではなく、その人が持つ“波動”だ」と言っていたのが印象的でした。空間を浄化してくれて心を穏やかにしてくれる香りのパロサントや塗香が売れているそうです。

五十君:人の心に寄り添うってファッションやビューティの大事な役割だと思うんだけど、今改めてそれが求められる機運なんでしょうね。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら