ファッション

元販売員の異色占い師 独自のカラー診断によるスタイリング提案が人気

有料会員限定記事

 Maiさんはアパレルの販売員や店長を経験した後、現在は占い師兼パーソナルスタイリストとして活動している。西洋占星術などを基にした独自の手法でその人が今必要とする色を導き、アパレルの経験を生かして希望者にはその色に沿ったスタイリングも提案している。骨格診断や“イエベ、ブルベ”診断はここ数年ですっかりファッション接客の定番になったが、買い物に悩む人の背中を押すという点で、Maiさんの占いもそれらと共通するものがある。Maiさんに占いとファッション販売について聞いた。

―アパレル業界で仕事をされてきた経験があるとのことですが。

Maiさん(以下、Mai):アパレル業界では12年くらい働きました。最初は千葉県内にある個人経営のセレクトショップで、その店の雰囲気が好きで働き始めました。この時は販売からバイイングまでいろんな仕事をしました。さらに販売職を極めたいと思い、大手専門店チェーンに転職して約8年間勤務しました。その後VMDの仕事がしたいと思い、声をかけていただいた外資系ファストファッションに転職したのですが、結局はマネージャー(店長)職しかできず、さらにコロナも重なり、アパレル業界を引退しようと決めたのが2020年3月頃です。

―販売員のキャリアからなぜ占い師になったのでしょうか。

Mai:マネージャー職は売り上げや店舗運営、人間関係など、悩みが多かったんです。スタッフの悩みを聞いているうちに「この子をどうにかしたい」と感情移入してしまい、自分自身の悩みはスタッフには相談できず、大きく膨らんでいきました。当時、私は自分の悩みはある占い師さんに相談していて、その影響で自分でも占いを勉強するようになりました。自分で占った内容を仕事にも生かしてみたら評判が良かったのです。自分のことを占った際に「36歳で独立すると上手くいく」と結果がでていたので、それを信じてみました(笑)。

この続きを読むには…
残り2637⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。