ファッション

財布の売り上げが3倍になる天赦日とは? “開運⽇”を⽣かして幸運&ビジネスチャンスを掴め

有料会員限定記事

 長引くコロナ禍で先の読みにくい今、占いブームが再燃している。占い関連のテレビ番組はSNSで話題になり、占い書籍も売れ筋ランキング入り。また“開運日”というキーワードに注目が集まっている。“お金を払っても、何倍にもなって返ってくる”といわれる「一粒万倍日」には財布の売り上げが伸びるなど、新たなビジネスチャンスにも発展。スピリチュアルセラピストとして活動し、ブログやYouTubeで開運情報を発信する碇のりこに、それぞれの“開運日”について解説してもらった。これらの日に起業日や開店日を決めるもよし、日々の接客トークやPR戦略に加えてみては?

開運日とは?

 「開運日」とはいいことが起こる日ではなく、何かアクションをすると大きく実る、願いがかなう日のこと。古くから伝わる縁起がいいといわれる暦で、その中からよいとされる吉日を抜粋した総称。碇のりこが選定した「開運日」は金運アップに特化した一粒万倍日、天赦日、巳の日(己巳の日)、寅の日、甲子の日の5つの吉日に焦点を当て、そこに縁起の良い大安や新月、満月などを組み合わせたカレンダーを紹介している。開運日が重なる日はダブル開運日、3つ重なる場合はトリプル開運日となる(次のトリプル開運日は「天赦日+甲子の日+大安」が重なる11月12日)。「開運日は楽しんで行動するのがポイント。ただ開運日を気にしすぎて、動けなくなるのはもったいないこと。あまり縛られずに参考にしてくださいね」と碇のりこ。

開運カレンダー

この続きを読むには…
残り2034⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら