ファッション

「バレンシアガ」 × 「ザ・シンプソンズ」の反響は?コレクション発表のDX進む【徹底解説・2022年春夏コレクションリポート】

有料会員限定記事

 2022年春夏ファッション・ウイークを通して感じ取った、3つの象徴的な潮流を紹介する。共通するのは、自由さだ。デザイナーたちは、既成概念にとらわれない提案として女性性の解放を促し、色柄をふんだんに取り入れることでポジティブなマインドを表現。デジタル活用の方法にも広がりが見られる(この記事はWWDジャパン2021年10月18日号からの抜粋です)。

 2021年春夏は玉石混交、そこから軌道修正が始まり21-22年秋冬は視聴者フレンドリーかつ工夫を凝らしたデジタル発表が増加したが、リアルショーが復活した22年春夏はニューヨークとミラノを中心に「ランウエイショーのライブ配信」というシンプルフォーマットに戻った印象だ。だがエンドユーザーの興味の範囲と自己表現の場は拡大を続けている。デジタル・コミュニケーションは避けて通れない。異業種とのコラボやNFT、VRなどに挑んだブランドは、結果を残し始めている。

この続きを読むには…
残り977⽂字, 画像18枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら