ファッション

「LV」「プラダ」「D&G」は自己表現としての女性性を謳歌【徹底解説・2022年春夏コレクションリポート】

有料会員限定記事

 2022年春夏ファッション・ウイークを通して感じ取った、3つの象徴的な潮流を紹介する。共通するのは、自由さだ。デザイナーたちは、既成概念にとらわれない提案として女性性の解放を促し、色柄をふんだんに取り入れることでポジティブなマインドを表現。デジタル活用の方法にも広がりが見られる(この記事はWWDジャパン2021年10月18日号からの抜粋です)。

 今シーズンは、大胆な肌見せやミニ丈、ボディーコンシャスなライン、ランジェリーのようなアイテムがランウエイを席巻した。その背景にあるのは、新時代に向けて既成概念や先入観から“女性性”を解き放とうという考えだ。表現としては、歴史的に女性を象徴するものであったコルセットやイブニングドレスの要素を抽出して再解釈したり、ミニスカートが一世を風靡した60sスタイルや、2000年代初めの “Y2K”ファッションなど過去の若者のイメージを再考したり。もはやファッションにおいて、ジェンダーの意味はなくなりつつある。それならば、自己表現としてセクシーさなどの女性性を謳歌するのもまた良しという、オープンで自由な感覚が広がっている。

この続きを読むには…
残り1071⽂字, 画像26枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら