ファッション

本格再始動のファッション・ウイークの雰囲気は?現地取材陣が対談(後編)【徹底解説・2022年春夏コレクションリポート】

有料会員限定記事

 2022年春夏ファッション・ウイークの現地取材は、ベルリン在住の藪野淳・欧州通信員とパリ在住のフリーライターの井上エリの2人が担当。ショー会場や街の様子から、実際に取材を通して感じたことまで、2人がざっくばらんに振り返る。


藪野淳/欧州通信員
 PROFILE:2012年にロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDJAPAN」の編集記者に。17年9月からベルリンに拠点を移して活動中。コレクション取材では、移動中や待ち時間のおしゃべりも楽しみの一つ

井上エリ/フリーライター
 PROFILE:武庫川女子大学卒業後、ニューヨークで4年過ごし、パリ在住6年目。 今季ロンドン&ミラノ&パリの現地取材を担当。寝坊が許されないファッションウィーク中の朝のアラーム音は、ボン・ジョヴィ「It's My Life」


藪野:リアルショーの再開に伴って、郵送で招待状も届きましたが、印象に残っているブランドはありますか?

井上:色鉛筆を届けてくれた「クロエ(CHLOE)」です。クリエイティブ・ディレク ター、ガブリエラ・ハースト(Gabriela Hearst)のドローイン グから直接取り入れたというパッチワー クやクロシェのマルチカラーのルックが、塗り絵みたいでインビテーションとリンクしていました。あと「ヴァレンティノ(VALENTINO)」もパリのカフェのネガフィルムが飾られていて、会場に行くとカフェが再現されたかわいい空間でした。さらに、会場外の本物のカフェの前の道もランウエイとして使用し、カフェに行くという“日常”をテーマにしたインビテーションと演出でした。そのほかのブランドも“日常”だったり、“再会の喜び”の演出が目立ちました。

この続きを読むには…
残り1221⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら