ファッション

バロック3〜8月期は2億9000万円の最終黒字

 バロックジャパンリミテッドの2021年3〜8月期は、営業損益が5億2000万円の黒字(前年同期は4億4000万円の赤字)、純損益が2億9000万円の黒字(同9億1000万円の赤字)だった。売上高は前年同期比26.9%増の265億円。国内ではコロナ感染第5波で店舗の売り上げが伸び悩んだものの、好調なECがカバー。海外でも消費が回復した中国がけん引役となり、最終黒字となった。

 国内事業の売上高は前年同期比27.2%増の235億円、営業損益は2億7100万円の黒字(前年同期は7億2900万円の赤字)。EC売上高は同14.1%増だった。「アズール バイ マウジー(AZUL BY MOUSSY)」など売り上げ構成の4割を占めるSC販路が同27.9%増と大きく復調。次点の百貨店販路(売り上げ構成の約3割)も同16.7%増と健闘した。

中国事業の売上高(卸売とロイヤリティの合算)は同37.6%増の31億円、損益合計は3億7100万円の黒字(前年同期は1億7500万円の赤字)。村井博之社長は「中国で戦うためのノウハウが蓄積されてきた。企画の的中率が改善し、適量の仕入れもできるようになってきている」と自信を深める。

連結では、セール販売の抑制により売上総利益が前年同期比30.9%増、販管費率が同2.4ポイント改善し、利益を押し上げた。8月末時点で国内店舗は11の純増、中国は25の純増。

 22年2月期通期予想は期初計画を据え置く。売上高が前期比18.1%増の597億円、営業利益が同76.0%増の23億円、純利益が3.4倍増の13億円を見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら