ビジネス

玉川高島屋S・Cや渋谷109で好調だったブランドは?(2021年9月)

有料会員限定記事

 長引く緊急事態宣言下での都内主要ショッピングセンターで、好調だったブランドはどこか?一気に寒くなった日もあり、羽織物が好調。秋冬の立ち上がりは、仕掛けるべき商品をいかにSNSで発信し、顧客の足を店頭に向けられたかどうかが勝敗を大きく分けたようだ。

玉川高島屋S・C

【高伸長ブランド】※( )内のパーセンテージは対前年同期比
エブール(72%増)/マックスマーラ(80%増)/スナイデル(77%増)/ナゴンスタンス(100%増)/キャバン(102%増)/ドレステリア(61%増)/ニューバランス(60%増)/ブリーフィング(73%増)

この続きを読むには…
残り4660⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。