ビューティ

「WWDJAPAN」が美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」を開催 ヘアサロンのサステナについても考察

 

 「WWDJAPAN」は9月7日、オンラインで美容師向け“ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW”を開催し、ユーチューブでライブ配信した。その様子は上記アーカイブで視聴可能だ。

 第1部の美容師向け“ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW”では、21-22年秋冬シーズンのコレクション映像を見ながら、池田ハリス留美子「M・A・C」シニアアーティストと、村上要「WWDJAPAN」編集長が、最旬のヘア&メイクトレンドを解説。池田ハリス留美子シニアアーティストは「今季は前向きで生き生きとしたバイタリティーあるメイクアップルックが多く見られた。同時に、内に秘める強さを表現するパワフルなルックも目立った」などとメイクトレンドを解説した。

 第2部では、“WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ”の結果と、そこから浮かび上がるプロダクトトレンドを編集部が解説。「美容室業界で起きたハイトーンカラーやブリーチブームが、ベスコスの結果にダイレクトに影響した」といった今回の傾向を紹介した。

 第3部は“今サロンでできるサステナとは”をテーマとし、美容室業界のサステナブルへの参画事例を発表。森亜伊希「セラ バイ ユーレルム(SerA by U-REALM)」代表と、井原和之・資生堂プロフェッショナル 執行役員常務 マーケティング部長が登壇し、それぞれの取り組みについてトークした。その中で森代表は「トレンドサロンでありながら、しっかりと地域に根付いたサロン運営をすることもサステナの1つ。環境や自然に対するサステナに関しては、そうしたことにこだわっている製品を扱うことで、環境保護に参加したことになると思う」と話した。そしてサステナブランドの一例として、資生堂プロフェッショナルの「ヘアキッチン(HAIR KITCHEN)」を挙げた。

 第4部では、編集部が注目するサロン専売ブランドをピックアップ。各ブランドの“イチオシ製品(サービス)”をフィーチャーしたオリジナル動画を公開し、約1時間のセミナーを終えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら