ビューティ

トリートメント部門(アウトバス)は「オラプレックス」が初の1位を獲得! 「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師148人に、各カテゴリーで「2020年下半期~21年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 トリートメント部門(アウトバス)では、「オラプレックス(OLAPLEX)」の“No.6 ボンドスムーサー”が1位にランクイン。「オラプレックス」は、当企画史上初の首位獲得となった。同ブランドはカラーやブリーチ、パーマなどのケミカルダメージを受けた髪を補修し、デザインしやすい髪に仕上げるアイテムをそろえる。(シャンプー部門やインバスカテゴリーと同様に)ここでも、ブリーチやハイトーンカラーのトレンドが、ランキングに大きな影響を与えたようだ。2位には、シャンプー部門とトリートメント部門(インバス)で1位になった、“オージュア(AUJUA)リペアリティ”ラインのエッセンスがランクイン。“リペアリティ”は3冠とはならなかったものの、ライン全体として美容師から高く評価されているようだ。3位は、「ケラスターゼ(KERASTASE)」の“オレオ リラックス マジック ナイト セラム”。同ブランドは、前回(2020 ヘアサロン版ベストコスメ)は2製品の受賞に留まったが、今回は大きく飛躍し、他部門においてもより多くの製品がランクインしている。(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を11部門に分類し、50軒の美容師148人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

トリートメント(アウトバス)部門

1位 “No.6 ボンドスムーサー”

「オラプレックス」

 毛髪を補修強化し、ダメージに負けない髪を作る「オラプレックス」。“No.6 ボンドスムーサー”は、日々の使用により切れ毛・枝毛を防ぎ、しなやかで健やかな髪へと導くクリームタイプのスタイリングトリートメントだ。ヘアカラーの褪色ケアもでき、シャンプー後のドライ時間の短縮にもつながる。アンケートの回答には、「傷んだ髪がしっかりして扱いやすくなる」「ブリーチ毛のお客さまのホームケアとして最適」といった声があった。(100mL、税込3080円)

2位 “リペアリティ スーペリアエッセンス”

「オージュア」

 人気ブランド「オージュア」から約3年ぶりとなるヘアケアシリーズの新ライン“リペアリティ”。“スーペリアエッセンス”は、ミルクの保湿感にオイルのような指通りを両立し、ドライ中から仕上がりまで潤いに満ち、滑らかな指通りの良い髪に導く。アンケートの回答には、「オイルとミルクを掛け合わせたようなテクスチャーで、髪がしっとりサラサラになる。ブリーチ毛にも対応できておすすめしやすい」といった声があった。(100mL、税込4180円)

3位 “オレオ リラックス マジック ナイト セラム”

「ケラスターゼ」

 夜用の髪の美容液。タオルドライ後になじませ、乾かして眠ると、毛髪保護成分と5種のビタミンが就寝中に作用。髪の広がりや寝癖を防ぎ、翌朝スタイリングしやすい滑らかな髪を保つ。アンケートの回答には、「夜に使うと、朝の髪のまとまりと滑らかさが見違えるほど変わる。乾燥しやすく広がりやすい方におすすめ」といった声があった。(90mL、税込6380円)


9月7日に「WWDJAPAN」がオンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」
を開催(視聴無料)

 9月7日(火)20時より、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の傾向分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」のライブ配信を行うので要チェック!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら