ビューティ

スタイリング剤部門はひさびさの“王道系アイテム”が1位! 「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師148人に、各カテゴリーで「2020年下半期~21年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 スタイリング剤部門の1位は、アリミノが1月に発売したスタイリングブランド「ダンスデザインチューナー(DANCE DESIGN TUNER)」のトリートメントオイルジェリー“モダンシマー”が受賞した。“心地良さ”や“ちょうど良さ”を大切にし、20代男女の生活スタイルや要望を反映して開発したブランドで、クレイタイプやジェルタイプのワックス、ヘアミルク、ヘアオイルなど、シーンや性別を問わず使える全6製品を展開している。同部門ではここ数年、セット力のないオイル系や、質感重視のマルチバーム系アイテムの1位受賞が続いていたため、多種の剤型をそろえたいわゆる“王道系スタイリングブランド”は久しぶりのランクインとなる。こうしたブランドは(アイテム数が多いため)票が分散してしまい、受賞しにくい傾向にあるが、その壁を打ち破っての首位獲得ということでインパクトは大きい。2位はホーユーの“ナイン(NINE)マルチスタイリングオイル ライト”、3位はナプラの“エヌドット(N.)ポリッシュオイル”が受賞。ともに前回(2021 ヘアサロン版ベストコスメ)もランクインしたヘアオイルだ。コロナ禍ではオンライン会議などで自分の髪を見る機会が多く、髪の艶や質感が気になるためか、艶感を演出してくれるオイル系アイテムが人気だという。そうした流れを受けて多くの票を獲得した。(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を11部門に分類し、50軒の美容師148人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

スタイリング剤部門

1位 “モダンシマー”

「ダンスデザインチューナー」

 開発に人気美容師の内田聡一郎「レコ(LECO)」代表が参加したことでも話題の「ダンスデザインチューナー」。“モダンシマー”は型にはまらないモダンダンスのように、自由な仕上がりを実現するトリートメントオイルジェリーだ。手のひらで伸ばすとオイル状になるので簡単になじみ、適度に艶やかな今っぽい濡れ髪に。水をほとんど含まないので、アイロンのカールもきれいにキープでき、スタイリングの幅を広げる。アンケートの回答には、「オイルよりも簡単に濡れ髪が作れて、キープもできる」「パッケージデザインがおしゃれ」といった声があった。(80g、税込1980円)

2位 “マルチスタイリングオイル ライト”

「ナイン」

 軟毛の人や、スタイリングが苦手な人でも使いやすい、指通りの良さにこだわり抜いたスタイリングオイル。少し動きがほしいレイヤースタイルに、ヘルシーなウエット感とより細かな束感を表現できる。ゼラニウムを主役に、上品なフローラルやパチュリを加えた柔らかな香り。アンケートの回答には、「髪の艶感と柔らかさが持続する。軽いので使いやすい」といった声があった。(100mL、税込3080円)

3位 “ポリッシュオイル”

「エヌドット」

 ヘアにもハンドにもボディーにも使える、天然素材100%で作られたマルチオイル。ベタつかずに伸びが良く、軽やかに仕上がる。スタイリングの仕上げに毛先になじませ、艶感と軽やかな動きを与える。マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り。アンケートの回答には、「お客さまにファンが多いので外せないアイテム」といった声があった。(150mL、税込3740円)


9月7日に「WWDJAPAN」がオンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」
を開催(視聴無料)

 9月7日(火)20時より、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の傾向分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」のライブ配信を行うので要チェック!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。