ビューティ

シャンプー部門は“オージュア リペアリティ”が初登場1位! 「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師148人に、各カテゴリーで「2020年下半期~21年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 シャンプー部門ではミルボンの人気ブランド、「オージュア(AUJUA)」の“リペアリティ シャンプー”が初登場で1位を獲得した。この部門では、前回まで同ブランドの“イミュライズ シャンプー”が5連覇を達成していたが、同じブランドの新製品に6連覇を阻止された形となった。“リペアリティ”はブリーチダメージ毛の髪の密度を高め、柔らかく美しい髪をかなえるライン。昨今のブリーチブームでケアアイテムのニーズが増している中、人気ブランドから満を持して登場したことで、一気に人気が高まった。「オージュア」はこれで6年間、シャンプー部門で首位の座を譲っていないことになり、“イミュライズ シャンプー”が5連覇したことを考えると、“リペアリティ シャンプー”も長く王座に君臨することが予想される。2位は、「ケラスターゼ(KERASTASE)」の“ブロンドアブソリュ バン ルミエール”。ハイトーンカラーやブリーチの悩みに応えるカラーケアシリーズ“ブロンドアブソリュ”のシャンプーで、ハイトーンカラー施術の需要増にともない人気が高まった。3位は、「イーラル(ERAL)」の“スカルプシャンプー”。「イーラル」のサロントリートメントは、「コロナ禍でもオーダー数がほとんど落ちなかった」(イーラルの龍村和久社長)という。好調を維持できた効果がホームケアにも波及してランクインした。(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を11部門に分類し、50軒の美容師148人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

シャンプー部門

1位 “リペアリティ シャンプー”

「オージュア」

 ブリーチにより髪から抜けたタンパク質だけでなく、髪に残ったタンパク質の両方をケアすることで髪本来の美しさに導く“リペアリティ”ライン。絡まり防止成分(コンディショニング成分のポリクオタニウム-10)を最適なバランスで配合し、指通りが良く滑らかな洗い心地でブリーチカラー毛を美しく洗い上げる。アンケートの回答には、「ブリーチ毛の手触りが格段に良くなる」「効果実感の高い『オージュア』からのブリーチ毛に適した新製品で、『待ってました!』という感じ」といった声があった。(250mL、税込3850円)

2位 “ブロンドアブソリュ バン ルミエール”

「ケラスターゼ」

 ハイトーンカラーの女性が求める「ハイトーンヘアに特化したケアで色持ちと補修の両方をかなえたい」という声に応える“ブロンドアブソリュ”。同シリーズのトリートメントと併用することでハイトーンカラーヘアを補修し、軽さと潤いを与えるシャンプー。アンケートの回答には、「知名度の高いブランドのカラーヘア対応シャンプーということで、年齢問わずおすすめしやすい」といった声があった。(250mL、税込3520円)

3位 “スカルプシャンプー”

「イーラル」

 頭皮のタイプに合わせて肌のコンディションを整え、美しい髪の土台を作るスカルプシャンプー。チンピエキスなどの保湿成分配合で、さっぱりと軽やかに洗い上げ、弾力のある髪に仕上げる。ニオイやフケ、かゆみを防ぎ、頭皮と髪を健やかに保つ。アンケートの回答には、「店販のリピート率がとても高い」といった声があった。【医薬部外品】(400mL、税込5280円)


9月7日に「WWDJAPAN」がオンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」
を開催(視聴無料)

 9月7日(火)20時より、「WWDJAPAN 2021 ヘアサロン版ベストコスメ」の傾向分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2021-22FW」のライブ配信を行うので要チェック!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら