ビューティ

「コスメデコルテ」の“AQ”から初のボディー&ハンドケアアイテムが登場 自宅でサロンさながらのケアを実現

 「コスメデコルテ(DECORTE)」は、アイコニックライン“AQ”から初となるボディー&ハンドケアアイテムを10月16日に全国の百貨店と化粧品専門店で発売する。“アブソリュート ラディアント ボディ トリートメント”をコンセプトに、ブランドが得意とするスキンケアのアプローチに加え、ボディーケアのために厳選した美容成分により肌そのものが輝きを放つようなメリハリのある艶高いボディーに導くハンドエッセンス、ボディークリーム、ボディーオイル(税込5500〜1万3200円)の3アイテムをラインアップ。自宅でもサロンさながらのボディートリートメントをかなえる。

 ボディー&ハンドケアアイテムは、コロナ禍で在宅時間が増えたことによるボディーケアへのニーズの高まりと、頻繁な手洗いや消毒による、手荒れや乾燥などの肌悩みが増加傾向にあることを受けて開発。最先端の皮膚科学研究に基づき、肌と心の究極のリラクゼーションをかなえるために開発されたAQスキンケアと共通のホワイトムクナエキスや白樺水など厳選した美容成分を配合した。さらに、多種多様な体の悩みを解決する“効果感”と心と脳を解きほぐす“香り”、使うたびに充足感に包まれ、お手入れの気分を高める心地よい“使用感”をそれぞれ追求した。

 メインアイテムの手肌に特化したシワを改善する美容液“コスメデコルテ AQ ハンドエッセンス”(50mL、税込5500円)は、シワ改善有効成分としてリンクルナイアシンを配合し、指先まで美しく年齢を感じさせない印象の手肌に整える。ぜいたくな保湿感を感じられる美容液ベースのテクスチャーを採用し、みずみずしく滑らか感触でしっとりするのにべたつかない心地よい使用感が特徴だ。また、潤いを保ち水分の蒸散を防ぐ効果のあるシロキクラゲエキスを配合し、滑らかでふっくらハリのある手元へ導く。

 一方、“同 トリートメント ボディクリーム”(200g、税込1万1000円)は押し上げるようなハリ感と保湿感を与え、引き締まったしなやかな肌に。ボタニカルオイルをぜいたくに配合した“同 トリートメント ボディオイル”(100mL、税込1万3200円)は、滑らかに伸び広がり、肌と一体化するように角層まで浸透しながらしっとりと透明感のある肌へ整える。

 香りは、夏の夜に一夜しか咲かないといわれる月下美人をアクセントにした爽やかで奥行きのあるフローラルウッディを採用。お手入れの楽しさを増幅させると共に、疲れた心をほっと和らげるような心やすらぐ香りだ。
 
 パッケージデザインは、「コスメデコルテ」“AQ MW”のアートディレクターであるマルセル・ワンダース(Marcel Wanders)が手がけ、“AQ”の世界観を踏襲した彫刻的でエレガントなデザインに仕上げた。容器側面にクリスタルとダイヤモンドカットのイメージをあしらった、大胆かつラグジュアリーなデザインと淡いピンクのカラーリングで、お手入れ時の幸福感を高める華やかさを演出した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら