ビューティ

コーセーが温室効果ガス削減目標を上方改定 国際承認機関から「SBT」認定取得

 コーセーは、温室効果ガス(GHG)削減目標設定を求める国際的団体のSBTI(SCIENCE BASED TARGETS INISIATIVE)から、パリ協定が掲げるGHG排出量削減目標に適合した企業を認定する「SBT(SCIENCE BASED TARGETS)」を取得した。

 同社は2030年をゴールとするサステナビリティ戦略と目標をまとめた「コーセー サステナビリティ プラン」のテーマの一つに「事業活動全体での環境負荷低減」を掲げ、気候変動問題に取り組んでいる。今回の「SBT」認定は、同プランで定めた自社が使用するエネルギーや電力を由来とするGHG排出量の削減目標を従来の28%から35%へ改定し、バリューチェーン全体での削減目標を新たに30%と設定したことが認められた。

 同社はGHG排出量削減活動として20年度に主力生産拠点である群馬工場の全ての購入電力を再生可能エネルギーに切り替えたほか、プラスチック廃棄量を削減することで廃棄処理によるGHG排出量を低減するという観点から、主力のスキンケアブランド「雪肌精(SEKKISEI)」でプラスチック容器の回収プログラム「セッキセイ アースビューティプログラム」などを実施している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら