ビューティ

コーセーが自宅で眠ったメイクアイテムを活用したメイクイベントを定期開催

 コーセーは、SDGsの17の目標にちなみ毎月17日に「サステナビリティ ビューティ デー」を直営店のメゾンコーセー銀座で開催する。第1回は7月17日に自宅で使わなくなった手持ちのメイクアイテムを活用したメイクイベントを実施した。

 同社は消費者から「使いきれず、自宅に眠っているアイカラーがあるが捨てるのはもったいない」「多色パレットに残ってしまう色があるが、どのように使ったらいいか分からない」といった声が多数寄せられることに注視。手持ちの化粧品を少しでも有効に活用し、最後まで楽しく使い切れるよう、色使いやテクニックの工夫などをアドバイスするメイクイベントを継続的に開催することを決めた。

 第1回は、同社のメイクブランドに限定せず手持ちのアイテムを持参してもらい、同社のメイクアップアーティスト2人が顧客のニーズを聞き出しながら、持参したアイテムを活用したメイクアドバイスをマンツーマンで行った。また、店舗で実施するサステナビリティ推進活動を伝えたり、メイク後の時間を活用して環境について学ぶことができるアクティビティの参加を促したりした。

 今後も顧客とのさまざまな接点を活用し、美容を通じて身近な視点で環境配慮を共に考える機会を設ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。