ビューティ

「コスメデコルテ」からコロナ禍のニーズに応えるリップと化粧下地が登場

 「コスメデコルテ(DECORTE)」は、ポイントメイクシリーズから新作リップ“ルージュ デコルテ”(全51色、各税込3850円)とリップの色移りを防ぐトップコート“リップフィックス コンフォート”(税込2970円)、ベースメイクシリーズから下地“ザ スキン ミニマリスト"(税込4180円)を8月21日に全国百貨店と化粧品専門店で発売する。

 “ルージュ デコルテ”は、独自の皮膚科学研究とカプセル技術を応用したスキンケア発想のルージュとして、シャイン・グロウ・サテン・ベルベット・マットの5つの質感で51色をそろえる。さまざまな肌色や嗜好に応える51のカラーで、色相・明度・彩度を幅広く網羅。また“なににも染まらない私になる”という、心の奥からみなぎるパワーを象徴するカラーとして、赤だけで構成された「シグネチャーレッド」を5つの質感全てに用意する。

 またコロナ禍でのマスク着用の常態化により、乾燥や荒れをケアできるスキンケア効果のある商品へのニーズが高まっていることを受け、同製品には高い保湿効果が持続する「ハイドロステイカプセル」と、くすみにくく色落ちしにくい「カラーホールドカプセル」の2種を採用。高発色でありながら、にじむことなく、うるおいと美しい仕上がりが持続する。ブランド共通の美容成分に加え、オーガニックムルムルバターを新配合し、スキンケアで丁寧に仕立てられたようなふっくらと柔らかな唇に仕上げる。

 さらにマスクへの色移りを防ぐリップ専用のトップコートも同時発売。リップカラーの上に重ねて塗布することで色移りを軽減し、つけたての美しい色が持続する。コラーゲンペプチドやヒアルロン酸なども配合し、心地よいテクスチャーとケア効果も実現した。

 スキンケアメイクアップクリーム“ザ スキン ミニマリスト”は、洗顔後やスキンケア後に顔全体に塗布することで、1品で潤いを補いながら毛穴や肌の色ムラ・凹凸を自然にカバーしてワントーン明るい肌に導く。肌なじみの良いリン脂質で表面処理を施したカバー粉体が、肌の凹凸に密着して擦れても化粧膜が崩れにくい処方を実現した。ブランド共通成分「スキンフュージョンパウダー」に加え、パール剤として「クリアスキンパール」を配合することで、自然なカバー効果とツヤ感を両立。UVカット指数(SPF30/PA+++)を保持しながら、紫外線吸収剤をカプセル化し、塗布後の肌への負担感を軽減した。外出機会の減少によって、ナチュラルなメイクが支持されていること、またオンラインでのコミュニケーションが多くなっていることから、画面を通しても肌が整った状態に見えるよう、短時間で手軽に肌を整えたいというニーズに応える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら