ビューティ

新色&新製品から探る!2021年春夏メイク注目トレンド4

有料会員限定記事

 2021年春夏のメイクアップトレンドは、赤みのある暖色系に集中した。20年の春夏に多かったオレンジ系カラーを使った“みかん色メイク”や“ピンクメイク”の流れを引き継ぐものだが、より赤みを強めた力強いメイクアップにアップデートした。シーズンコンセプトを眺めると、コロナ禍の厳しい時を経て、新たな時代への幕開けや、生命や自然への賛歌をうたうブランドが目立った。春夏定番のミント系のグリーンアイシャドウやパステルカラーの打ち出しもあったものの、今シーズンは数が少なく控えめな印象だった。(この記事はWWDジャパン2021年2月1日号からの抜粋です)

 15年に「アディクション」が、18年に「コスメデコルテ」が発売し豊富な色数が人気を集め大きなトレンドとなった単色アイシャドウが、今シーズンもバリエーション豊か。新色も加わり、定番化している。一方で、マスク生活により目元で多色使いのメイクを楽しむ人が増え、店頭では複数色をセットしたパレットの人気も復活の兆しだ。

 秋冬に人気の高いマットタイプのリップは、春夏も存在感を増している。より軽いつけ心地や質感に進化したことで、リップメイクの選択肢として完全に定着したように見える。ランウエイの世界では昨シーズン、透け感のある発色や艶のあるリップメイクが数シーズンぶりに復活しており、今後は人気をマットリップと二分することになりそうだ。マスクにつきにくいリップやファンデーションをうたう新製品の発売も増えており、コロナ禍が今後の製品開発やトレンドに影響をもたらすことが予想される。


【TREND 1】
アイは自然の力を感じる赤みよりの暖色系

 ここ数年、春夏シーズンに続いていたイエローやオレンジを使ったメイクアップは、透け感やツヤのある質感、“ビタミンカラー”といわれるポップで軽やかなものが主流だった。今年は、より赤みを強めたメイクに進化。テーマには自然や植物、花々といった生命への賛歌が並び、ルックも暖かみのある血色感溢れる色使いと、意志のある表情が多く見られた。

この続きを読むには…
残り666⽂字, 画像26枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら