ファッション

パントンが選ぶ2021年秋冬トレンドカラー14 アリアナ・グランデらの着こなしにも注目

 パントン・カラー・インスティテュート(PANTONE COLOR INSTITUTE以下、パントン)は、2021-22年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイーク・カラートレンド予測を発表した。

 20年12月に「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー(PANTONE Color of the Year)」として、太陽をイメージさせる“イルミネイティング(Illuminating、明るい黄色)”と雲を思わせる“アルティメット グレー(Ultimate grey)”を選出したが、21-22年秋冬トレンドカラーも同様に自然に基づいたものや、明るく落ち着いたカラーの数々を選んだ。大胆でホットなピンクや、濃いオレンジなど、明るい色も多く並ぶ。ここではカラートレンドに挙げられた14色と、20年にすでにトレンドを先取りしたセレブリティーのファッションと共に紹介する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら