ファッション

ハリス米副大統領の継娘がオシャレと話題に 就任式ファッションのスタイリング裏話

 1月20日(現地時間)、第46代米大統領就任式がワシントンで行われ、ジョー・バイデン(Joe Biden)新大統領が正式に就任した。今後のアメリカを牽引する政治家や登壇者のファッションに関心が向けられる中、エラ・エムホフ(Ella Emhoff)の装いに注目が集まっている。

 エラはカマラ・ハリス(Kamala Harris)米副大統領の継娘であり、同氏を“ママラ”と呼んでいるという。パーソンズ美術大学(Parsons School of Design)で服飾を学ぶ22歳の学生で、ニットウエアのデザインを手掛ける。インスタグラムではたびたび自身のデザインを披露している。

 就任式では「ミュウミュウ(MIU MIU)」のロングコートを着用。襟元に装飾が施されたウエストマークが特徴のチェックコートと「バットシェヴァ(BATSHEVA)」のドレスに、黒いマスクと手袋を合わせた。就任式前日には「トム ブラウン(THOM BROWNE)」に身を包んだルックを披露。

 就任式に向けてエラは実母のカースティン・エムホフ(Kerstin Emhoff)と共に、スタイリストコンビのジル・リンカーン(Jill Lincoln)とジョーダン・ジョンソン(Jordan Johnson)と衣装を決めた。米「WWD」は、リンカーンとジョンソンに、エラのスタイリングについて聞いた。

WWD:カースティンとエラ母娘とはどのように知り合った?
リンカーン&ジョンソン:カースティンの共通の通人を通して知り合った。テキストメッセージを通して“出会い”、一週間後にはズームをする仲に。

WWD:就任式に向けてどのようにスタイリングに取り組んだ?当日のファッションについてエラとどのようなことを話したか?
リンカーン&ジョンソン:エラはドレスを希望し、就任式は外で行われるのでコートが重要な役割を持つと考えた。どのような雰囲気やルックにするかかなり共通の認識を持っていた。エラは彼女らしさを残しつつ、敬意を表したいと語っていた。

WWD:就任式前日の「トム ブラウン」のコーディネートと、当日の「ミュウミュウ」のコートに「バットシェヴァ」のドレスを合わせたスタイリングはどのように決まった?
リンカーン&ジョンソン:複数のデザイナーにアプローチをかけたが、この三ブランドは最初に声をかけて、すぐに返答をもらった。フィッティングも一番先に行ったブランドだ。“ファッションの神様”がいたようだった!出来立てほやほやの「ミュウミュウ」のコートを手に入れることができた。

 「トム ブラウン」は彼女のテイストにぴったりだった。想像した通りに完璧なスタイリングで同ブランドを着こなすクライアントを見ると、自分ごとのようにうれしい。赤や白、青を使用したこのルックはワシントン入りの際に絶対着用すると決めていた。

 「バットシェヴァ」のドレスは、「ミュウミュウ」のコートと間違いなく似合う組み合わせだった。またデザイナーのバットシェヴァ・ヘイ(Batsheva Hay)とエラも、いいペアだと感じた。うまく説明できないけれど、女の子とデザイナーの間に、不思議と最高に相性の良い関係が生まれることがある。

WWD:エラはファッションデザインに関する知識もあるし、関心も高い。スタイリングに何か影響は与えたか?
リンカーン&ジョンソン:彼女は自分のことをよく知っている。自己表現や芸術の一つとしてファッションを愛する人と仕事をするのはすごくたのしい。エラは彼女の雰囲気を伝えるために自身のインスタグラムを紹介してくれた。それを見て私たちはすぐ彼女のテイストを感じ取った。彼女が方向性を示してくれたので、どんな洋服で、誰が手掛けたものがマッチするかを考えてその詳細を詰めるだけだった。

WWD:今回の経験を通して、最も印象に残っていることは?
リンカーン&ジョンソン:希望に満ちた歴史的な日に、ほんの少しでも携わることができた。そして、その過程で2人の素晴らしい女性に出会うことができた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら