ビューティ

「コスメデコルテ」の“AQ”から初のヘアケアシリーズが誕生 スキンケア分野で培った皮膚科学研究の知見などを応用

 コーセーは、ハイプレステージブランド「コスメデコルテ」の“AQ”から、シリーズ初のヘアケアシリーズ(6アイテム、3500〜7000円)を5月16日に発売する。シャンプーとトリートメントコンディショナーは、滑らかな指通りでしっとりとまとまる髪へと導くスムースタイプと、ボリューム感がありながらまとまる髪に仕上げるボリュームタイプをラインアップ。アウトバスアイテムは、頭皮環境を健やかに育み根本から立ち上がるようなふんわりとした仕上がりの“アブソリュート スカルプ & ヘア ショット”と、美容液のように髪の芯まで潤う“リプレニッシュ ヘアエッセンス”を用意する。

 ヘアケアシリーズのコンセプトは、“シグネチャー スタイル”。最先端の皮膚科学研究に基づき、肌と心の究極のリラクゼーションをかなえるために開発された“AQ”のスキンケアシリーズと共通の白樺水やホワイトムクナエキスなど厳選した美容成分を配合する。パッケージは同ブランドのアートディレクターを務めるマルセル・ワンダース氏が手がけ、“AQ”の世界観を踏襲した彫刻的でエレガントなデザインを採用する。

 同社によると近年、ヘアケアに関する消費者の悩みとして、不規則な生活や睡眠不足、ストレスなどによる影響に加え、カラーリングやパーマなどによる髪への負担やダメージの蓄積が重なり、ボリューム感がなくなるといった声が幅広い年齢層で増えているという。頭皮環境を健やかに保ちたい、トラブルが起きないようなケアをしておきたい、と言った意識の高まりを背景に、ヘアケア市場の中でも、特にスカルプケア市場が拡大し注目を集めている。「コスメデコルテ」のラグジュアリー価値をけん引する象徴ラインである“AQ”から新たにヘアケアシリーズを発売することで、商品展開の幅を広げトータルビューティケアラインに育成していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら